Regulation – how to approach it? 規制~そのあるべき姿とは?

Dear readers,

皆さん、

I was recently interviewed by AltFi about Maneo and Maneo’s plans for its overseas operations. Here is a link to the article: http://www.altfi.com/article/2328_

先日、AltFiという、世界のソーシャルレンディング業界で有名な会社に取材を受けて、先方のHPで記事を掲載していただきました。内容はmaneoとmaneoの海外事業の展開についてです。よろしければご覧ください(英語です。ご了承ください!): http://www.altfi.com/article/2328_

Today I would like to give my two cents on regulation. I am mainly interested in regulation in the P2P lending industry (as I am a part of it), but I believe my views can be applied to regulation in general.

今日は規制(レギュレーション)について書きたいと思っています。ソーシャルレンディングの会社で仕事していますので、どちらかというとソーシャルレンディングの業界に関する規制に興味がありますが、私がこれから書くことはどの業界の規制にでも関係があると思います。

In essence, the following is my main view on regulation: regulation is absolutely necessary, but the regulation needs to make sense. This might seem obvious, but all too often regulatory frameworks do not match the reality of the businesses which have to operate within them.

基本的には、規制に関する私の意見は次の通りです:規制は必要不可欠なものです。ただし、理にかなう規制でなければだめです。当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、業界の現況やニーズとその業界の規制枠にはミスマッチがあるケースが少なくないと感じています。

What is the point of regulation? Personally I feel there are two main points. The first is to protect consumers from being exposed to unnecessary risk and harm from corporations, whose number one priority is to make money, not to protect consumers (whether we like it or not, this is reality). The second is to support up-and-coming businesses and to provide a framework within which large corporations must operate.

そもそも規制の意義は何なのか?個人的には、規制の意義には2つのポイントがあると思います。一つ目は、会社の最大なる目標は利益を上げることであり、個人を守ることではありません(不都合な真実ではありますが)。二つ目は、これからの企業を後押しすること、そして大企業が事業を行わなければいけない法的枠組みを設けることだと思います。

In regard to the P2P marketplace industry, regulators in most countries are at least trying to keep up with this growing industry. For example, platforms such as RealtyMogul and RealtyShares would not exist if it wasn’t for the JOBS Act being passed a few years ago. FinTech companies are actively being promoted by the Australian Government, and the Lithuanian Government is very open to forming new laws together with the industry.

ソーシャルレンディング業界については、たいていの国の規制当局はこの業界に合わせた規制を作ろうとしています。例えば、数年前アメリカではJOBS Actという法律が施行されましたが、この法律のおかげで不動産クラウドファンディングプラットフォームであるRealtyMogulやRealtySharesは事業が展開できます。オーストラリアですとフィンテック会社は政府に積極的に後押しされており、ヨーロッパのリトアニアという国では、政府はソーシャルレンディングのプラットフォームと話し合いながら法整備をしています。

In Japan the situation is unique. The regulatory framework required for P2P platforms to operate in certainly does exist, but it is not tailored specifically to the operations or needs of these platforms. Active consultation by regulators with the industry and researchers of our industry may change this in the future, but for the time being Japanese platforms need to make do with the framework which exists.

日本の場合は、ソーシャルレンディング会社が事業を展開するのに必要最低限の規制枠はありますが、ソーシャルレンディング会社の事業やニーズに合わせて作られたものではありません。もし規制当局が積極的にソーシャルレンディング会社と話し合いながら、この業界に関する研究報告書などを参考にすれば、この事態は変わるかもしれません。とりあえず、今のところはこういうプラットフォームは、与えられた規制枠の中で事業を展開するしかありません。

During good economic times, businesses (and consumers on their behalf, at times) tend to claim that they are overregulated. During recessions, however, consumers claim that businesses are underregulated. Regardless of the economic cycle, the best regulation is regulation which makes sense, which is based on facts and which is flexible to the needs and reality of the industry it is supposed to regulate.

(とにかくオーストラリアでは)景気がいい時は、「規制が厳しいぞ」と主張する会社があります(そう主張する個人もいます)。景気が悪い時は、「会社にもっと規制をかけろ」と主張する個人がいます。景気の良し悪しと関係なく最も望ましい規制というのは、理にかなう、事実に基づいた、会社のニーズと業界の実情に対して柔軟な規制なのではないでしょうか。

Regulators need to work together with businesses to create rules which support these businesses, and businesses need to work with regulators to ensure they are meeting their corporate social responsibility requirements. If regulators neither engage with the industry nor actively try to acquire independent data about the industry, how can they create regulations which make sense? In the end businesses operate within an unrealistic or inefficient regulatory framework, innovation is stifled and regulators are left wondering why the industry is so “uncooperative”.

規制当局は、会社と話し合って会社の支えとなる規制を作ることが大事です。一方、会社は規制当局と協力し、企業の社会的責任を果たすのも大事でしょう。もし規制当局が会社と話し合わず、そしてその業界についての客観的なデータを入手して勉強しなければ、理にかなう規制が作れるわけがありません。そうなると、会社は効率のよくない規制枠の中で無理くり事業を行い、イノベーションはなくなり、規制当局と会社が良好な関係を構築するハードルが上がります。

In regard to our industry on a global level, there are some organisations performing very good objective research on the reality of our industry, such as the Cambridge Judge Business School (CJBS) at the University of Cambridge. The Financial Conduct Authority (FCA) in the UK is going to partner with the CJBS to gather reliable objective information about the UK P2P industry so that it can create regulations which make sense. This will help further develop the already innovative UK market.

世界のソーシャルレンディング業界については、ケンブリッジ大学のCambridge Judge Business Schoolのような団体が質の高い研究をしてくれています。金融庁のイギリス版に近いFCAがこの団体と連携して、ソーシャルレンディングについての情報を提供してもらうことになっています。これは、理にかなう規制を作るためです。この連携は、UKのソーシャルレンディング業界にとっての更なる追い風になるでしょう。

There are similar bodies in Japan conducting local research, such as Yano Research. I believe there is a need in the Japanese P2P industry for regulators to access similar valuable research, engage with the industry and improve the regulatory framework within which we operate. I am not saying this as a euphemism for deregulation – regulation is required, but it has to make sense, which is the case for any industry. I believe that our industry in Japan has huge potential to continue disrupting the ancient industry which is the Japanese financial sector. Regulators should “jump on the bandwagon,” so to speak, and help us transform this industry for the better.

日本にも、同じような団体があります。矢野経済研究所がその例の一つです。規制当局が、このような客観的な情報を精査しながらソーシャルレンディング業界の会社と話し合うことが大事なのではないかと思います。「規制を緩くした方がいい」という意味で言っているのではありません。規制は必要ですが、理にかなうものでなければいけないのです(どの業界もそうですが)。ソーシャルレンディング業界(もっといえば日本のフィンテック業界)は、日本の金融業界においてものすごく大きな(大事な)変化をもたらす可能性があると思います。規制当局も、この業界のメンバーと一緒にこの波に乗ればいいのではないでしょうか。

One final point: regulators and industry should not be enemies. They should work together for the common good. Namely, to create an environment where businesses can operate within clear parameters and be successful, whilst consumers are protected but have access to a wide variety of products and services. No two parties can see eye-to-eye if they do not actively try to understand the other, however. This applies to both the regulators and the regulated.

最後になりますが、規制当局と会社はお互いの敵であってはいけません。一緒に公益のために協力すべきでしょう。具体的には、明確でわかりやすい枠組みの中で会社が栄えられる環境を整えながら、個人を守りながら個人に色々な商品やサービスを利用する機会を与えることです。お互いのことを理解しようとしなければ、規制当局と会社の間には意思疎通ができるはずがないでしょう。これは、規制する側もそうであり、規制される側もそうです。

Retail vs Institutional funding 個人投資家と機関投資家

One important discussion taking place within the alternative finance industry is that of the role of funding from retail (private) investors and from institutional investors. I would like to provide my two cents.

世界のソーシャルレンディングの業界にて活発に行われている議論のテーマは、ソーシャルレンディングのプラットフォームにおける個人投資家と機関投資家のことについてです。つまり、個人投資家が多い方がいいか、機関投資家が多い方がいいか、それぞれの長所と短所などです。この投稿で、自分の意見を述べてみたいと思います。

To summarise my position: Balance is important.

結論から言いますと、「バランスが大事」。

What I mean by this is having too much of either end of the investor spectrum. Only having retail investors may lead to steady growth, but this growth can be constrained by strict regulations (such as in the US – simply put, retail investors can only invest around $2000 each year). Only having institutional investors may lead to rapid growth, but that money can leave your fund faster than it came in, should the smallest mishap or cyclical downturn occur.

具体的にはどういうことかと言いますと、自社のプラットフォームの投資家の構成が個人投資家のみだとか、投資家が全員機関投資家(投資銀行、ヘッジファンド、ファミリーオフィスなど)だとか、どれも望ましくありません。

個人投資家しかいなければ、確かに成長は安定するでしょうが、アメリカなどだと個人投資家から集められるお金がかなり限られており、営業者としてやりにくいです。アメリカの場合は、個人の場合は規制が多いため個人に投資させてくれるプラットフォームが少なく、投資できたとしても1年で約20万円が限界です。日本は匿名組合出資であればそのような制限がないのでいいのですが。

機関投資家がプラットフォームと提携して投資案件に投資してくれれば、そのプラットフォームは飛躍的な成長を成し遂げることが可能です(機関投資家が扱う金額は個人投資家の金額よりも何倍も大きいですから)。ただ、プラットフォームで何か事件が起きた場合(例:社長が辞職する)、またはマクロ経済の状況が悪化してきそうであれば一気にお金を引き出されて投資されなくなってしまう可能性が十分にあります。

If anything, I believe that having more retail investors is more important than having more institutional investors. This especially applies in the case of Japan, where there are no limits on how much retail investors can invest on platforms. This is because retail investors tend to put in small amounts of money on a regular basis. One could also say that they are more “loyal” than institutional investors when things go slightly south with a platform or with the economy.

個人的には、機関投資家よりも個人投資家が多い方がいいと思います。日本の場合は個人が投資できる金額が制限されていないため、なおさらです。もう一つの理由としては、個人はコツコツと投資していくことが多いからです。何かあった場合、機関投資家はすぐにお金を引き出してしまうのですが、個人ならば機関投資家ほど早く引き出さないでしょう。

With that said, I believe that institutional investors can serve an important role in the development of a platform. Albert Periu of Funding Circle mentioned at the AltFi Global Summit this month that diversification of funding sources is important. This is one reason why I believe they can play an important role.

それでも、機関投資家はプラットフォームの成長において重要な役割を果たすことができると思います。私が参加したNYのカンファレンスで、P2B大手のFunding Circleの方が、資金調達資源の分散が大事だと主張していました。資金調達資源の分散という意味でも、機関投資家はソーシャルレンディングのプラットフォームにとって、提携するメリットのある先だと感じています。

Retail investors are, in my opinion, the most secure source of funding for platforms. In order to diversify funding sources and to allow for scalability, however, having some institutions come on a platform would benefit everyone. Maybe Japanese platforms should also consider exploring partnerships with institutions both in Japan but also abroad…? This would be exciting for our industry.

個人投資家のお金が、もっとも大事だと思います。なお、たくさんの個人投資家という、しっかりとした資金調達の基盤ができた段階で、プラットフォームの規模拡大を促進させるために機関投資家と協力することが、面白い成長戦略なのではないでしょうか。

日本のソーシャルレンディングのプラットフォームも、そのうち国内外の機関投資家という未開拓の領域を開拓してみてもいいのではないかなと思います。日本のソーシャルレンディングの業界にとっては、こういう展開があれば面白いし、必ず注目度が上がると信じています。

P2P Consumer Lending abroad and in Japan 海外と日本におけるP2P消費者金融

Hi everyone,

皆さん、

As many of you may be aware, there are many companies out there which match investors with individual borrowers. In many cases, these borrowers use these services to refinance their credit card debt. Some of the major players include Zopa (UK), Funding Circle (UK/US), Lending Club (US), Prosper (US) and Yirendai (China). Lending Club, for example, has originated over $20 billion USD in loans, a staggering figure.

ご存知のように、個人投資家と個人の借り手をつなぐ場(プラットフォーム)を提供する会社があります。借入金の資金使途は、クレジットカードのローンの借り換えのケースが多いです。代表的な会社はZopa (英国)、Funding Circle(英国/米国)、Lending Club(米国)、Prosper(米国)、宜人貸(Yirendai、中国)などがあります。Lending Clubは、なんと2兆円相当の累計融資実績もあります。

In this post I would like to discuss my views on P2P consumer lending, including risks involved, as well as P2P consumer lending in Japan.

この投稿で、P2P消費者金融、それに関するリスク、また日本におけるP2P消費者金融について書きたいと思います。

From the perspective of a borrower who has a lot of credit card debt, P2P platforms provide a good service. If you have good credit, you can surely refinance at a cheaper rate and save money on interest. The fact that no collateral is required for consumer loans is also a plus.

(こういう日本人は多くはいないかもしれませんが)様々なクレジットカードで借金をしている借り手からすると、P2Pの会社が魅力的な商品・サービスを提供しているのは確かだと思います。アメリカでは自分のクレジットスコアがいいのであれば、P2Pで借りた方がクレジットカードよりも金利が安いことが多いからです。

From the perspective of an investor, these platforms give both retail and institutional investors the ability the earn close to double-digit returns on a diversified portfolio. Retail investors are lucky if they get more than 3% returns on a bank account, and institutional investors are feeling the pain of bonds which yield virtually nothing, or which charge the investors interest due to negative yields.

投資家からすると、こういうP2P会社は分散されたポートフォリオで二桁に近いリターン(つまり、10%に近いリターン)を個人投資家も機関投資家も得られます。個人投資家は、アメリカやオーストラリアでは定期預金で3%が付けば高い方だと思いますし、機関投資家はリターンがゼロに近いまたはマイナスのリターンで相当苦労しているのではないでしょうか。

Companies such as Lending Club and Prosper have completed several securitisations rounds of their products. This means that they essentially bundle large numbers of loans together and sell them for hundreds of millions of dollars to Wall Street investors.

Lending ClubやProsperのような大手は、このような個人に対するローン債権を数万個証券化して機関投資家に販売しています。Jefferiesのような投資銀行が数億ドルでこの投資商品を買うのです。

There certainly are differences between what is taking place now and the sub-prime mortgage crisis or the Global Financial Crisis. I feel, however, that all parties should be extra prudent in securitising near-prime, unsecured consumer debt. Consumer debt is riskier than asset-backed debt, and a sudden change in macro-economic circumstances can severely affect the ability of a borrower to repay their loan. If the debt of, let’s say, 30 million people were to be securitised and 20% were to default after a recession, the implications for investors would be serious.

このような大規模な証券化の現象と世界金融危機の前に起きたサブプライムローンの大規模な証券化と違いがあるのは確かです。ただ、個人に対するローン債権の大規模な証券化は慎重に行われた方がいいと思います。この債権が、担保付きローン債権ほど安全ではないと言えますし、マクロ経済の状況が大きく変わることで借り手が返済できなくなってしまう恐れがあるからです。仮に3000万人のローン債権が証券化されてそのうちの2割が急に貸し倒れたとして、投資家がかなり損するでしょう。

Another concern I have with consumer credit is the length of most loans on these platforms. The standard appears to be 36 months or 60 months. Many unexpected events can take place during 36 months, let alone 60 months, that can affect one’s ability to make repayments. I believe that platforms should offer all investors the ability to invest in investment products which are 12 or 18 months in length. This can be done, for example, by creating a fund which allows relatively high liquidity.

P2P消費者金融ローンに関するもう一つの懸念は、ローンの期間です。36ヵ月か60ヵ月が基本だそうです。返済能力に悪影響を与える事象が、3年~5年の間、いくらでも起こり得て、商品のリスクの高さを考えると若干長いと感じます。自社のファンドを作るなどして、投資家に期間が12か月~18か月の投資商品をこのP2P会社が個人投資家にでも提供すれば、投資家はより安心して投資できると思います。

With all this said, as with anything, I believe that balance is important. Making consumer debt a part of your portfolio is certainly a smart move, considering the attractive returns you can get. It is also important to remember that many consumers benefit greatly from the services provided by these P2P platforms. Your funds are going to someone who needs them for one reason or another.

しかし、何でもそうなのですが、バランスが大事です。リターンの高さを考えると、自分のポートフォリオの一部としてこのようなローン債権に投資するのはいいのではないでしょうか。また、P2P会社からお金が借りられて助かる個人が多いのも忘れてはいけません。あなたの資金が役立っているのです。

Where is P2P consumer lending in Japan?

日本におけるP2P消費者金融は?

P2P consumer lending is virtually non-existent in Japan. I do not know of any such platforms that link individual Japanese consumer finance borrowers with investors, at least. The overwhelming majority of platforms in Japan are involved in small business lending. Why is that the case in Japan? For me, there are several reasons.

お金を借りたい日本人と個人投資家をつなぐP2P消費者金融のプラットフォームは、日本にはおそらく、もうないのではないかと思います。日本のP2P会社の大半が中小企業・法人と投資家をマッチングするのです。なぜでしょう?いくつか理由があります。

Reason #1: Consumer finance is readily available in Japan. You can easily get financing as a consumer from all kinds of financial institutions at 2~15% interest. There are even ATM-like machines where you can apply for “card loans”.

理由#1:メガバンクやノンバンクが消費者金融をやっています。カードローンのATMがあるくらい、消費者金融のサービスがたくさん提供されています。金利は2~15%です(2%はほとんどないでしょうが)。

Reason #2: There do not appear to be any widely-used third-party credit scoring systems such as FICO in Japan. Each institution has its own algorithm which it uses to determine the credit risk of a borrower. This makes it hard for fintech platforms to objectively judge the credit risk of its borrowers.

理由#2:アメリカのFICOのような、クレジットスコアのサービスを提供する第三者の機関・会社がないようです。各銀行・ノンバンクは自社のアルゴリズムを使って借り手のクレジットリスクを査定するそうです。このようなアルゴリズムを持っていないP2P会社にとっては、借り手の信用力がなかなかわからないのです。

Reason #3: Interest rates are capped in Japan at 20% for amounts under 100,000 yen ($1,000), 18% for amounts under 1,000,000 yen ($10,000) and 15% for amounts above that. These limits do protect consumers and businesses, but considering the relatively high returns which investors require for the risk involved, it would be hard for P2P platforms to be profitable.

理由#3:日本では金利が制限されており、10万円以下なら年利20%、100万円以下なら年利18%、それ以上なら年利15%が上限金利です。借り手が守られているのはいいことですが、投資家に対して比較的高いリターンを配当しないといけないのを考えると、P2P消費者金融のプラットフォームは収益性がよくないのだと思います。

Reason #4: People can only borrow up to 1/3 of their yearly income, meaning that platforms would only be able to lend relatively small amounts of money with each loan. The cost involved with lending $1,000 and $50,000 is not really very different, so lending small amounts of money is not a profitable venture.

理由#4:個人なら年収の3分の1までしか借り入れることができないので、P2P消費者金融のプラットフォームは多くは貸し出せないわけです。小さな金額を貸し付ける事業はあまり儲かりません。10万円と500万円を融資するのにかかるコストはそんなに変わらないのです。

Reason #5: Japanese investors are risk-averse, meaning that they would most likely not pick consumer debt as their preferred choice of asset class.

理由#5:日本人の投資家はどちらかといえばリスクを好まない方が多いので、積極的に個人に対する無担保のローンに対して投資する方は少なかろうかと思います。

Maneo, the company I work for was actually involved in P2P consumer debt from 2008 until 2011, when it shifted to only lending to corporate entities. The above reasons are major reasons behind this shift. Maneo has been profitable ever since this shift.

私が勤めているmaneoは、2008年から2011年までP2P消費者金融をやっていましたが、2011年から法人にしか貸し付けていません。上記の理由が、大きな原因だと思われます。それ以降、maneoはますます収益性をあげてきたのは偶然ではないと考えます。

Thank you for reading this entry! Until next time.

いつもありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

 

The Appeal of maneo★★★★maneoの魅力

Dear readers,

皆さん、

I recently revamped the English documents which I use when I introduce non-Japanese persons to maneo and its business. So, I would like to share some of its contents, namely what makes our company and our industry in Japan unique.

先日、当社の英語版の説明資料を更新しました。海外から見るmaneoと日本のソーシャルレンディング業界の魅力をここでご紹介したいと思います。

There are five points which I will write about: ★what our company does, ★the silent partnership agreement (TK agreement), ★our franchising scheme, ★what makes maneo attractive to borrowers and investors, ★our partnership with a large FX/stock brokerage in Japan.

ご紹介したい点が5点あります。★maneoとは何か、★匿名組合契約とは何か、★当社のフランチャイズスキーム、★借り手と投資家からみたmaneoの魅力、★大手のFX証券会社との連携。

**********************************

First of all, what is maneo?

まずはmaneoとは?

maneo is an IT platform which links Japanese retail investors with small and medium-sized enterprises (SMEs) online, the first of its kind in Japan. maneo lent to individuals from 2008 until 2011, which truly made it a P2P company. Consumer finance is available at most established financial institutions, though, which made it hard for maneo to compete in that area. Since 2011 maneo has only lent to small to medium-sized enterprises (SMEs), with many borrowers being tied to the real estate industry. maneo has caused no loss on principal since 2011 following this shift.

maneoというのは、個人投資家と中小企業をネット上でマッチングする、日本初のソーシャルレンディング会社です。2008年~2011年は、個人に対して融資し、まさしくP2P(個人対個人)のプラットフォームでした。ところが、日本では消費者金融は充実していますので、maneoの融資残高は伸び悩んでいました。それで2011年以降、担保を提供できる法人(中小企業)に対してしか融資しておらず、そのうちの多くが不動産業界に関わっている事業者です。2011年におけるこの分岐点以降、元本が毀損されたことはありません。

**********************************

A silent partnership agreement? What’s that?

匿名組合契約って?

Investors electronically sign a silent partnership agreement (tokumei kumiai keiyaku, TK agreement) when they want to invest in a loan fund. It is an agreement between a company and investors, whereby the investor invests money into that company for the latter to use for a part of its business. In maneo’s case, the money is used for maneo’s lending business.

投資家は、ローンファンド(つまり、maneoの商品)に投資する際には、電子的に匿名組合契約(TK契約)に署名します。もっと細かくいうと、営業者の事業の一部に対して投資します。maneoの場合は、事業は貸金ですので、投資家はその事業のための資金を投資(提供)するわけです。

The features of this agreement include the following:

TK契約の特徴は下記のとおりです:

  • No need for the investor to be an accredited investor (huge investor base);
  • No limitations (for the time being at least) on how little or how much investors can invest;
  • Investors put equity into maneo for its business (which is lending), but do not become shareholders of maneo;
  • If maneo makes a profit on this venture (i.e. if the borrower repays their loan), investors are entitled to a share of the profits (i.e. interest @ 5%~8% per annum);
  • If maneo were to make a loss on the investment (i.e. if there were to be loss on principal), maneo passes on negative returns to investors;
  • Gatherers of funds via a TK scheme can use the funds outside of Japan.
  • 投資家が機関投資家である必要はありません。
  • 投資家が投資する金額に対する規制は(今のところ)ありません。
  • 投資家はmaneoの事業である貸金のために実質的にはmaneoにエクイティを入れるのですが、maneoの株主になるわけではありません。
  • maneoがその事業で儲かった(借り手が返済してくれる)場合、投資家に対してそこから生まれる利益の一部を配当します。
  • 万が一maneoが損をした(元本に毀損が生じた)場合、maneoは投資家に対してマイナス配当をします。

maneo lends on its balance sheet, but does not assume the risk of the borrower defaulting. In this way, maneo is a mixture between an asset manager and a bank. This is made possible thanks to the TK agreement.

maneoはオンバランスで融資する(自己資金を使って融資する)が、デフォルトのリスクを負いません。このように、maneoは銀行とアセットマネージャーの融合に近い存在だと言えるのではないかと思います。この中核となるのが、TK契約です。

**********************************

Social lending franchisees?

ソーシャルレンディングのフランチャイジーって?

One year has already passed since maneo started franchising itself. Yes, companies/entrepreneurs can run their own white-label version of maneo! The idea behind franchising maneo is simple: to give companies in various industries the ability to directly raise funds for their business from the Japanese crowd. More on this appeal later in this post.

maneoは一年前から自社のITプラットフォームを「フランチャイジー」(他の業界の営業者)に販売しております。そうです、事業者は独自のプラットフォームが買えます!このフランチャイズ事業の背景にある概念は、様々な業界にいる業者さんに、必要な資金を直接日本の個人投資家から集める手段を与えることです。この事業の魅力については後述します。

By the end of this month we will have five franchisees as part of the maneo family. One platform is being used to fund developers involved in “fix & flip” (renovation) projects mainly in Silicon Valley, another is being used to provide funds to a consumer finance company in Hong Kong…How the platform can be used is mainly limited by one’s imagination.

今月末までには、maneoファミリーにいるフランチャイジーが5つまで増えます。そのうちの一つは、主にシリコンバレー(サンフランシスコからサンノゼまでの地域)の不動産をリフォームする業者に対して融資しており、もう一つは香港の消費者金融の会社に対して資金を提供しています。プラットフォームが活かせる業界はたくさんあるのです。

The maneo family is steadily growing, with our platform already being used to raise funds for overseas projects. We are always looking for new members to join this family. Companies with a track record would benefit especially from being franchisees, being able to leverage their reputation to increase their credit in the eyes of Japanese investors.

maneoのファミリーの規模は順調に増えており、海外のプロジェクトのためにプラットフォームを使うフランチャイジーは中にいます。このファミリーに加わる新しいメンバーを探しています。特に実績のある会社は、プラットフォームとの相性がいいでしょう。実績のある会社であれば日本の投資家に信頼してもらえる可能性が高いからです。

**********************************

What is maneo’s appeal to Japanese investors?

日本の投資家からみたmaneoの魅力は?

Here are a few points which help explain why maneo continues to be popular with investors in Japan:

maneoが日本の投資家にとって人気がある理由については、箇条書きでまとめてみます。

  • No loss on principal since 2011;
  • All loan funds are backed by collateral or a guarantee;
  • LTV (Loan to Value) varies, but is typically below 70%;
  • Investors can invest from as little as 10,000 yen ($95) -> Easy to start investing;
  • Very good returns in an extremely low interest rate environment.
  • 2011年から元本が毀損されたことはありません。
  • 各ローンファンドは担保又は保証が付いています。
  • LTV(担保の評価額に対する融資額の割合)は変動しますが、普通は70%以下です。
  • 1万円から投資できますので、試しに投資するにはハードルが低いです。
  • 低金利の環境が続いているが、銀行の金利よりもはるかにいいリターンが得られます。

The table below shows how little interest per year Japanese get when they put $100k, $30k~$100k and below $30k into a 1-month~10-year fixed-term account (as of the end of June 2016). After 10 years, a $100k investment will only grow to be around $100,400. That is before taxes, bank fees etc. Essentially, they are better off putting their money in money vaults at home or underneath their beds.

下記の表は、日本人が1000万円以上、300万円~1000万円、300万円以下を6ヵ月から10年の定期預金の口座に入れた場合に得られるリターンを示すものです(6月末現在)。1000万円を10年の定期預金の口座に預けた場合は、10年後その金額は1004万円ぐらいまでしか増えません。しかも、銀行のフィーや税金が差し引かれる前の金額です。それなら、お金を銀行に預けることはタンスに現金を入れるも同然だと主張することは過言ではないと思います。

図2In contrast to this, they can earn 5-8% per annum (1400~2200 times the return in the previous example) on asset-backed loan funds.

これに対して、maneoの担保付き(または保証付き)ローンファンドに投資すれば、さきほどの事例の1400倍~2200倍のリターンが得られます。

There are few investment options easily available to Japanese retail investors which provide good returns at fixed intervals. There is also a very large need for capital amongst businesses in Japan and the world. maneo, together with its partners is helping solve both of these important issues, creating a win-win situation for everyone involved.

定期的にいいリターンが得られる投資商品は、日本の個人投資家が簡単に手が出せるものは少ないです。その一方、日本と外国の中小企業にはかなりの資金ニーズがあります。maneoは、maneoファミリーのメンバーと一緒にこの2つの課題を解決しようとしております。

**********************************

What is maneo’s appeal to franchisees?

フランチャイジーから見たmaneoの魅力は?

Here are some of the benefits which franchisees could enjoy using their own white-label platform offered by maneo.

フランチャイジーがプラットフォームを活用するメリットをまとめてみます。

  • Can gather funds for projects directly from Japanese individuals;
  • Due to the structure of the TK agreement, in case the franchisee makes a loss, “negative returns” are passed on to investors. Should such a situation occur, however, this would impact the franchisee’s credibility and their ability to raise funds;
  • Franchisees determine their own cost of capital (how much to pay investors for funds provided);
  • Low interest rates in Japan have lead Japanese to have low expectations on return on investment;
  • Funds raised in Japan can be used overseas;
  • No need to acquire relevant financial licences in Japan -> franchisees can leverage maneo’s parent company’s (maneo Market) licence;
  • There is over $5 trillion (yes, trillion) USD in household savings sitting in Japanese banks earning very, very low returns -> no shortage of money in Japan;
  • 資金を直接日本の個人投資家から集めることができます。
  • TK契約のスキームにおいては、万が一元本が毀損された場合には、投資家に対してマイナス配当することができます。なお、そのような事態が起きた場合は、フランチャイジーの信用力が落ち、お金の募集に影響が出る可能性が高いです。
  • フランチャイジーは資金の調達コストを決めることができます(投資家にいくら配当するかを決めることができます)。
  • 低金利の環境が続いているため、日本人の求めるリターンは比較的低いです。
  • 日本で集めたお金を海外で活かすことは可能です。
  • 日本で金融庁から免許を取得する必要はありません(maneoマーケットという親会社の免許を利用することは可能です)。
  • 日本の家庭には543兆円の預金があります(日本には(活用されていない)お金がたくさんあります)。

**********************************

maneo and GMO

maneoとGMOについて

Since this has become a rather long post, I will keep this last section brief!

文章が大分長くなってきましたので、できるだけ簡潔に書いてみます。

maneo signed a capital sharing agreement with GMO Holdings, the holding company of GMO Click Shares in February 2016. GMO Click Shares is the largest FX trader in the world by volume and has around 440,000 accounts. maneo’s loan funds (and those of our franchisees) will be marketed to this army of investors from October this year. In this way, maneo aims to act as a link between its own investors & companies with their own investors and franchisees both in Japan and abroad.

今年の2月に、maneoとGMOホールディングス(GMOクリック証券の親会社)と資本業務提携をいたしました。取引残高においてはGMOクリック証券は世界一で、44万口座のある会社です。maneoのローンファンド(そしてmaneoファミリーのメンバーのローンファンド)がGMOクリック証券の投資家に今年の10月から販売される予定です。このように、maneoは自社の投資家および投資家を抱える会社と、日本国内にいるフランチャイジーを結びつける存在になるのを目標の一つとしているわけです。

**********************************

Thank you for taking the time to read this post! If you have any questions, please contact me via LinkedIn (Mattias Karnell), email me or email us via our English website (link on the right side of this blog).

皆さん、お疲れ様でした!ご質問がありましたら、LinkedInをお使いの方は私(Mattias Karnell)につながり申請をしてください。または、当社のホームページを通してご連絡ください。今後ともよろしくお願い致します。

Long time no blog post!  ご無沙汰しています!

Dear readers,

皆さん、

It has been a while since I have updated this blog. I apologise!

ご無沙汰しております。4月上旬からブログの更新ができていませんでした。

I went to Hong Kong at the end of last month to explore the possibility of working together with a couple of partners there. They are the co-founders of a lending company which provides second mortgages. I was impressed by their ideas for new products to provide to investors.

先月、出張で香港に行ってきました。現地にいる某社との連携を探るためです。この会社は不動産担保融資(主に第二順位)を行っている会社です。この会社の創業者の2人は優秀な方で、今後出していこうと思っている新しい商品をいくつか紹介してくれたのですが、各商品の独創性に感心しました。

It appears that due to regulations in Hong Kong, it is very difficult for money lenders to recruit investors. Here in Japan, if you sign a “silent partnership agreement” (tokumei kumiai keiyaku – TK agreement) with investors, you can easily raise funds from investors. This is one of the reasons why I went to Hong Kong to discuss how to get money from Japan to Hong Kong.

香港では、現地の規制によって貸金業者が投資家を募ることはかなり難しいそうです。一方、日本では投資家と匿名組合出資契約(TK)を交わせば、簡単に資金を集めることができます。日本にはこういうスキームがあり、香港で活かせることができるのではないかと思って香港に行ったのです。

I learned many things from my trip to Hong Kong. First of all, the housing market is quite influenced by the inflow and outflow of mainland Chinese capital. Second, housing there is expensive, and income inequality appears to be a rather big issue. I wonder how most people afford to buy apartments there! Banks also lend at most up to 60% of the value of the real estate, creating a large (but somewhat risky) market for second mortgage providers.

香港は初めてで、香港の出張は勉強になりました。まず、現地の不動産市場は中国から入ったり出ていったりするお金でかなり揺るがされること。そして、不動産は高く、社会の格差があるように見えました。その中で、一般人だったら本当に家が買えるのかな~と多少疑問に思いました。銀行は最大不動産の価値の60%までしか貸し出さないそうなので、銀行が融資してくれない「足らず部分」を融資する市場ができているとのことです。

I gave a presentation about maneo and its scheme (including the TK agreement scheme) at the City University of Hong Kong. Gathered were academics from mainland China, the US and Switzerland. Judging from the feedback I received when mingling with audience members afterwards, it really appears that our scheme is unique. I will write another post detailing this scheme and its benefits, but it reminded me of two points: 1. very little is known (both in Japan and) abroad about loan-based crowdfunding in Japan; 2. our scheme has the potential to cause great positive change in the world by bringing Japanese money to other countries; 3. there is a huge global need for capital, both from borrowers but also from people lending to those borrowers, and I feel that maneo has the potential to answer that need.

maneoのスキームと匿名組合出資契約のスキームについて、香港のCity University of Hong Kongで飛び込みでプレゼンをしました。スイス、アメリカ、中国といういくつかの国から来た学者などが参加していました。プレゼンの後、参加者の方々と交流したのですが、maneoのスキームは世界から見るとどうも珍しいようです。スキームのことは別の記事でご説明しますが、この学会に参加できたおかげで、1.やはり日本国内外で日本での貸付型クラウドファンディングのことを知っている人があまりいないな、2.外国に日本のお金を持っていくことで、世界でいい変化をもたらすことができそうだな、3.世界各国では借り手だけじゃなくて、その借り手に対して融資する貸金業者の資金ニーズが大いにあり、maneoがこのニーズに応えることができるかもしれない、と思いました。

I look forward to visiting more countries. Not only is it great to meet different partners we can work together with, but it is also fantastic for my personal growth to explore the world. I feel fortunate to be in my current position.

これからも色々な国を回りたいと思っています。現地のパートナー候補と情報交換することも勉強になりますが、自分の成長においても貴重な機会です。仕事は楽しく、かつ、とても有意義です。

I will provide more information going forward about social lending in Japan, my company and comments on international alternative finance news from my perspective.

今後は日本におけるソーシャルレンディング、maneo、そしてクラウドファンディングなどについての記事に対するコメントを記事の形で書いていきたいと思っています。

Look forward to more interesting content!

今後ともよろしくお願い致します!

Interesting discovery in Nagoya 名古屋で学んだこと

Hello everyone! For those of you in Japan, I hope you have enjoyed Golden Week.

こんにちは!日本にいらっしゃる皆さん、GWを楽しめましたでしょうか。

At the end of April I went to Nagoya for a conference on alternative finance (FinTech). Platforms involved in factoring, lending, equity crowdfunding etc. from all over the Asia-Pacific gathered at Nagoya University for the conference.

4月下旬にフィンテックの学会へ参加に名古屋に行ってきました。学会のために、様々な種類のプラットフォーム(エクイティ型、ファクタリング型、貸付型など)の代表がアジア太平洋の隅々から名古屋大学に集いました。

One prominent researcher from Cambridge University at the conference, Robert Wardrop, presented very interesting views on crowdfunding, which I would like to share here.

ケンブリッジ大学の研究者のロバート・ワードロップさんは、クラウドファンディングについて面白い発言をしていましたので、ここで共有したいと思います。

The first view was that as regulations in more and more countries allow equity-based crowdfunding platforms to operate freely, rewards-based platforms will suffer. This is because the latter have been used as a means of raising much-needed early-stage capital for lack of a better alternative. Indiegogo and Kickstarter are apparently trying to get involved in equity crowdfunding so that they do not become obsolete.

一つ目は、エクイティ型クラウドファンディングのプラットフォームに対する規制を整備・緩和する国が増えるほど、購入型クラウドファンディングのプラットフォームは衰退するということ。その理由は、クラウドファンディングを通してエクイティという形で資金を調達できなかったがために購入型のプラットフォームで資金調達をしたという企業が多いからだそうです。アメリカの有名な寄付型・購入型プラットフォームのIndiegogoとKickstarterも、この波に乗り遅れないようにエクイティ型CFにも手を出しているところだと言っていました。

Mr Wardrop mentioned that startups will most likely gather money on rewards-based platforms, move on to equity-based platforms once they have gathered enough “followers” and funding, and then move on to loan-based platforms as an alternative to equity funding. It is good that startups will have more alternatives with funding going forward, though, as more governments actively embrace alternative finance platforms.

ワードロップさんは、まず購入型プラットホームで資金と「応援者」を集めてから、エクイティ型プラットホームでエクイティを募集して、ある程度成長してきたら貸付型プラットホームでデットを募集するだろうと指摘しました。様々なクラウドファンディングのプラットフォームを快く受け入れる政府が増えるにつれ、ベンチャー企業にとって資金の源泉の選択肢が増えてくるので、いいと思います。

Another interesting view was on the future of loan-based platforms: 1. loan-based platforms will either become like banks so that they can gather depositor money (hence lowering their cost of capital), or 2. banks will try to move into the loan-based crowdfunding sphere. I believe that banks will take more and more notice of loan-based platforms in the future as the latter become too big to ignore.

ワードロップさんもこう言っていました:貸付型プラットフォームが預金が受けられるようになるために銀行になるか、または銀行が貸付型クラウドファンディングの業界に参入するだろうと。貸付型プラットフォームがどんどん実績を積んでいくにつれ、銀行はいやおうなしにこういうプラットフォームの存在に目を瞑っていられなくなってくると思います。

Finally, me and other representatives of loan-based platforms were asked whether we are “asset managers” (lend money off our books and bear no default risk) or “banks” (lend money on our books and bear default risk). Platforms like Prosper are like asset managers, whereas platforms like maneo really are a mixture of the two. I thought it was a very good observation made by him.

他の貸付型プラットフォームの代表者と私がワードロップさんに聞かれたのは、我々融資型プラットフォームはアセットマネージャー(オフバランスで貸し付けて、貸し倒れのリスクを負わない)かどうか、または銀行(オンバランスで貸し付けて、貸し倒れのリスクを負う)かどうかと。アメリカのプロスパーのようなプラットフォームはアセットマネージャーですが、maneoのようなプラットフォームはそのどちらでもない。とても面白い指摘だと思いました。

Going to this conference allowed me to meet many amazing people and to see maneo in a more objective way. Looking forward to going to more events in the future!

この学会に行くことができたおかげで、maneoをより客観的に見ることができたような気がします。今後も是非ともこういうイベントに出てたくさんの人に会いたいと思います。

New Economy Summit 2016 新経済サミット2016

Hi Everyone!

みなさん、こんにちは!

On Friday I had the opportunity to attend a conference about trends within the fintech industry in Japan and around the world. The name of the summit was the New Economy Summit and was held at the New Otani Hotel in Tokyo (very beautiful hotel!!)

今週の金曜日に、日本や世界におけるFinTech業界の動向についての大会に参加しました。新経済サミットというもので、ホテルニューオータニで開催された(なんてすごく豪華なホテルでした!)

As the main point of this entry is not to go into detail about each specific speaker at the end, I will just briefly mention the events I participated in.

さらっと私が参加したセッションについてご説明します。

The first session was a discussion between a few entrepreneurs who run fintech companies related to electronic payments, accounting software, creating ETF portfolios for users etc. The speakers mentioned that IT companies should not seek to compete with traditional financial institutions but try to work together with them. More than anything, I found it surprising how apparently 77% of Japanese companies still go to a bank branch to transfer money etc. How inefficient is that?!

最初のセッションは、カード決済、会計ソフト、ETFなどのフィンテック会社の代表者が話していました。面白かった指摘の一つは、この種類のフィンテック会社が金融機関と競合するよりは、タイアップして金融機関に自社サービスを使ってもらい、互恵関係を作ることが大事だという点です。何よりも、77%の日系企業が入金の確認などのために実際に銀行の支店に行って確認したり手続きしたりするらしいのですが、それを聞いてびっくりしました。インターネットで銀行の手続きの大半や入金の確認ができるはずなのに、わざわざ銀行まで行くのは非効率的だと思います。

The second session was more interesting for me. It was a discussion between three entrepreneurs from the US who each work at 1. a factoring company (company which purchases invoices from businesses), 2. a consumer lending company and 3. a company which offers its lending platform to established businesses in the US.

次のセッションは、アメリカで事業を展開している1.ファクタリングのフィンテック会社、2.消費者金融のフィンテック会社、そして3.自社の融資プラットフォームを企業に提供する会社です。

Interesting points about each company:

  • 1. the factoring company has issued $15 billion in payments so far;
  • 2. the consumer lending company lends money at an average of 29~30% per annum;
  • 3. many businesses in the US have a lot of data on their customers and can lend directly to them via #3’s platform.

面白いなと思ったのは、

  • 1の会社はすでに150億ドル(約1.6兆円)の実績があること、
  • 2の会社は平均して年利29~30%で貸し出すこと、
  • 3の会社のプラットフォームを使って直接自分の顧客に融資する会社があることです。

There are several things which I took away from the event:

  • 1. You get a lot of interesting, diverse and timely information at these events;
  • 2. You get to put your own company and industry into perspective by listening to other speakers;
  • 3. You get an insight into the possibilities which exist in overseas markets.

この大会に参加して思ったのは、

  • こういう大会に参加することによっていろんな面白くてタイムリーな情報が手に入る、
  • 講師の話を聞いて、自分の会社だけでなく自分の会社が携わる業界を客観的に見ることができる、
  • 海外のフィンテック会社の方の話を聞いて、海外の市場にある潜在的な可能性を垣間見ることができる。

I am going to attend an event on 27 April on the alternative finance industry in East Asia in Nagoya as a speaker. By interacting with key players in this industry both from Japan and abroad, I look forward to learning many things, just as I did on Friday!

4月27日に東アジアのフィンテック業界の大会に講師として参加します。今週の金曜日のように、日本だけでなく東アジアのフィンテックの方々と交流することによって多くの学びを得ることを楽しみにしています!

Aussie Social Lending オーストラリアにおけるソーシャルレンディング

Social lending is gaining more and more attention in Australia.

ソーシャルレンディングは、オーストラリアではますます注目されています。

Those in the industry may be aware of the LendIt conferences. They are very large social lending (marketplace lending) conferences held each year in the US, China and Europe. At the US conference, representatives from companies such as Lending Club, Funding Circle and Prosper gather and network.

FinTech業界に興味のある方なら、アメリカ、ヨーロッパ、そして中国で開催されるソーシャルレンディングの大会「LendIt」のことをご存じかもしれません。アメリカの大会では、Lending Club、Funding Circle、そしてProsperのようなソーシャルレンディングの大手が集まり、ネットワーキングします。

On 29 February 2016, the first-ever social lending conference was held in Australia. Representatives from some of the major players in the industry there (Harmoney, SocietyOne, RateSetter, OnDeck) attended. At the conference it was made clear that $260 million AUD in loans had been financed last year, and that $500 million AUD in loans are set to be financed this year. That represents a 92% projected increase. Apparently Australia is the fastest country to date where $250 million AUD in loans have been funded. Go Australia (I’m originally from Perth, Australia)!

今年の2月29日に、オーストラリア初のソーシャルレンディング大会が開催されたといいます。オーストラリアやニュージーランドの大手(Harmoney、SocietyOne、RateSetter、OnDeck)が参加しました。昨年は、ソーシャルレンディングのプラットフォームで2億6000万豪ドル(約220億円)が融資され、今年は5億豪ドル(約423億円)が融資されるらしいです。融資額は昨年度よりも92%増える見込みだというわけです。さらに、ソーシャルレンディングのプラットフォームで2億5000万豪ドル(約211億円)が最も早く調達された国は、今まではオーストラリアだそうです。西オーストラリアのパース出身の人としては、嬉しい数字です。

With more support (slowly) coming from the Australian government for alternative finance, Australia certainly represents an interesting opportunity for global social lending players. Considering the stark difference in interest rates in Australia and Japan, Japanese social lending companies could be successful down under.

少しずつながらも、オーストラリアの政府がalternative finance(つまり、ソーシャルレンディングとかエクイティ型クラウドファンディング)を支援しているようです。日本とオーストラリアの金利環境の相違も勘案すると、世界のソーシャルレンディング会社にとってはオーストラリアは開拓地として面白そうなはずです。

Annualised interest rates in Australia and Japan (as of 4 March 2016)(オーストラリアと日本の金利(年率、2016年3月4日現在)):

10-year government bonds: 2.55% (Australia), -0.05% (Japan). Yes. If you hold a 10-year Japanese government bond issued on 4 March 2016 to maturity, assuming the rate does not change, you would actually lose money on your investment.

新発10年国債:2.55%(オーストラリア)、-0.05%(日本)。そうです。利回りが変わらないとして、3月4日に発行された10年国債を満期まで保有すれば、儲かるどころか損をするのです。

Home loans (variable rates): 3.99~4.99% (Australia), 0.519~1.075% (Japan).

住宅ローン(変動型):3.99%~4.99%(オーストラリア)、0.519%~1.075%(日本)。

Fixed-term deposits: 2.35%~2.95% (Australia), 0.01~0.20% (Japan). These rates are before tax. Considering ATM fees and taxes, Japanese are almost better off stuffing their money underneath their beds.

定期預金:2.35%~2.95%(オーストラリア)、0.01~0.20%(日本)。税引き前の数字です。ATM手数料とか税金を考えると、日本人はお金を銀行に預けるよりもマットレスの下にお金を押し込んだ方が合理的なくらい金利が低いのです。

Such is the state of interest rates in Australia and Japan. Bringing Japanese money to Australia would be a win-win situation for all involved; the Japanese get much greater returns than at their bank, and Aussie SMEs get much-needed financing at a relatively low cost. Naturally it’s not necessarily as easy as it sounds, but I think that it’s an interesting project that can be realised with the right planning and execution.

オーストラリアと日本の金利環境の違いは、こんなものです。日本のお金をオーストラリアの中小企業とマッチングしたら、みんな儲かるのではないでしょうか。日本人は銀行口座よりもはるかに高いリターンが得られるし、比較的低コストでオーストラリアの中小企業は資金調達できるからです。(二重課税の問題などを考えると)もちろんそう簡単な話ではありませんが、うまく行動すれば実現できかねない事業なのではないかと思います。

Article cited (参考資料): http://www.lendacademy.com/marketplace-lending-starting-boom/

Crowdfunding Regulations in the US アメリカのCF市場の法的枠組み

Dear readers,

皆さん、

I’m back from the US! I went there for a few days about a week ago together with my boss. We visited our partners in San Francisco and also a few crowdfunding companies. There are some pictures from my trip there on my Facebook page: https://www.facebook.com/profile.php?id=100009190328956

先日アメリカから戻ってきました。社長と一緒に、サンフランシスコで活躍しているパートナーに会いに、そして向こうのCF企業に面談に行っていました。出張中に撮った写真をご覧になりたい方は私のFBをご覧ください:https://www.facebook.com/profile.php?id=100009190328956

Anyway, as promised I will try to provide some information about the crowdfunding regulatory framework which exists in the US. Knowledge of some of the important regulations there should be of interest to those seeking to learn more about the US crowdfunding industry.

以前お約束しましたように、アメリカのCF市場における規則(法的枠組み)について書いてみます。アメリカのCF企業に興味がある方にとっては、アメリカのCF市場の代表的な規制についての情報は役立つはずです。

The key regulations which I will discuss are the following: Regulation D (Rule 506(c)) and Titles III and IV (Regulation A+) of the Jumpstart Our Business Startups Act (JOBS Act).

私がご説明する規則は、JOBS ActというCFに関する法律のRegulation D (Rule 506(c))、Title IIIおよびTitle IV (Regulation A+)という規則です。

One crucial way for startup businesses to raise capital is via issuing some form of security in return for the investment. Any corporation wishing to raise capital through issuing securities must get approval for that transaction from the Securities and Exchange Commission (SEC), unless they apply for exemption via Regulation D (which includes rules such as Rule 506(c)). Even with an exemption, however, it has been difficult in the past for companies to raise money, as they have generally been prohibited from placing ads in newspapers etc. for the purpose of selling those securities.

(どこの国でもそうですが)ベンチャー企業にとって大事な資金調達方法の一つは、投資家からお金を集めることです。お金の代わりに有価証券を譲ります。有価証券を対価として資金調達をしたい企業は、アメリカの証券取引委員会(SEC)からその取引の承認を得なければいけない、あるいはRegulation DのRule 506(c)などを通して免除を申請しなければいけません。免除を受けた企業でも、以前は公に投資家を募集することができなかったため、資金調達することが難しかったのです。

Now, thanks to regulations such as Rule 506(c) and Regulation A+, it is possible for companies to solicit (i.e. advertise) their offerings. Depending on the regulation used, however, these companies can only solicit their offerings to accredited investors and must make sure that investors are accredited. Accredited investors are people who have earned $200,000 each year for the past two years (or $300,000 with a spouse) or who have $1,000,000 in assets, excluding their primary residence (basically, people who are already quite wealthy). In the case of real estate crowdfunding, crowdfunding platforms make sure that investors are accredited, making it possible for real estate developers, for example, to market their deals knowing that their potential investors are allowed to invest in their projects. This is in essence a summary of Rule 506(c).

Rule 506(c)とRegulation A+のおかげで、免除を受けた企業は投資家を募集することができるようになりました。適用される規則によりますが、適格投資家に対してしか募集活動を行うことができず、更にはその投資家が適格投資家であるのを確認しなければいけません。適格投資家というのは、過去2年から毎年20万ドル(およそ2300万円)を稼いだ(配偶者がいれば30万ドル(およそ3450万円))、または自宅を除いて100万ドル(約1億1500万円)の純財産を持っている人を指します。つまり、すでに相当お金を持っている人のことですね・・・。不動産CFの場合はCFのプラットフォームが、投資家が適格投資家であるのを確認することによって、建設業者などは不動産の投資案件を投資家に対して提案してお金を募集することができます。これが、Rule 506(c)の概要です。


 

Regulation A+ (Tier I and Tier II) is part of Title IV of the JOBS Act. In the case of Tier II, companies are now able to gather funds from ordinary people (retail investors) as well as accredited investors. Regulation A+ serves as a good way for companies wishing to raise a large amount of money without having to spend millions of dollars to be listed on a stock exchange such as NASDAQ. The main differences between the two tiers include the following:

Regulation A+ (Tier IとTier II)は、JOBS ActのTitle IVの一部です。Tier IIを申請する企業は、適格投資家だけでなくて個人投資家からでもお金を集めることができます。Regulation A+は、お金をたくさん集めたいがIPOするのにかかる数億円の費用を避けたい企業にとって有利な資金調達方法かもしれません。Tier IとTier IIの大きな違いは下記のとおりです。

Tier I

  • Companies can raise up to $20 million during a 12-month period.
  • No audit requirement, but must get approval in each state they wish to market their securities.
  • 企業は12か月間で2000万ドル(約23億円)調達できます。
  • 提出する財務諸表は監査人に確認されたものでなくてもいいようですが、資金調達したい州ごとに各州からその取引を承認されなければいけません。

Tier II

  • Companies can raise up to $50 million during a 12-month period.
  • Audit requirement, but no need to get approval in each individual state.
  • Non-accredited investors cannot purchase securities which are worth more than 10% of their income or net worth, whichever is greater.
  • Companies must regularly file reports about their business.
  • 企業は12か月間で5000万ドル(約58億円)調達できます。
  • 提出する財務諸表は監査人に確認されたものでなければいけないが、各州に投資家との取引を承認されなくてもいいです。
  • 個人投資家は、自分の純財産の1割あるいは年収の1割、どちらか大きい方以上の価値の有価証券までしか購入することができません。
  • 企業は定期的に(プラットフォームや投資家に対して)経営成績、投資事業の進捗などを報告しなければいけません。

 

Title III of the JOBS Act serves as a good way for companies to easily raise up to $1 million during a 12-month period. One could say that Title III is for companies that are starting out, whereas Title IV is more for those companies which have a somewhat established financial track record. Ordinary people can also invest in these companies, within the limits set out below:

JOBS ActのTitle IIIを通して、企業は12か月間で100万ドル(約1億1500万円)調達することができます。Title IIIは、起業してあまり時間が経たない企業に向いており、Title IVは財政基盤がある程度しっかりしていて実績があるベンチャー企業に向いていると言えるでしょう。個人投資家でもこういう企業に投資することができますが、下記制限があります。

  • If their net worth or annual income is less than $100,000, they may only invest during a 12-month period the larger of the following two figures:
    1. 5% of their annual income or net worth, whichever is lesser;
    2. $2000.
  • 純財産あるいは年収が10万ドル(約1500万円)以下なら、12か月間でどちらか大きい方に相当する金額しか投資することができません:
    1.年収または純財産の5%に当たる金額、どちらか小さい方;
    2.2000ドル(約21万5000円)。
  • If their net worth or annual income is greater than $100,000, they may only invest during a 12-month period 10% of their annual income or net worth, whichever is lesser;
  • 純財産または年収が10万ドル(約1500万円)以上なら、12か月間で年収の1割または純財産の1割、どちらか小さい方に相当する金額しか投資することができません。
  • Ordinary people can only hold up to $100,000 worth of such securities across all crowdfunding platforms sold during a 12-month period.
  • 個人投資家がすべてのプラットフォームで12か月間で買った有価証券の価値が10万ドル(約1500万円)を超えなければいけません。

Companies are required to disclose information, including the following:

企業は下記のような情報を提供する義務があります:

  • Financial statements;
  • 財務諸表;
  • Information about the business and how it will use money raised via equity crowdfunding;
  • 企業についての情報、集めたお金をどうやって使うかなどの情報;
  • Annual reports about the business;
  • 企業についての年間報告書;
  • Information about the officers and directors of the company.
  • 企業の執行役員や取締役についての情報。

Companies can solicit their offerings via crowdfunding platforms which are registered with the SEC. Crowdfunding platforms are essentially required to make sure that companies seeking capital are not there for fraudulent purposes, to provide communication channels to discuss deals presented on the platform, provide information to investors about investing etc. Platforms must also be neutral. They are not allowed, for example, to have financial interests (such as holding shares) in companies which are listed on their platform.

企業は、SECから免許を持っているCFプラットフォームでお金を募集することができます。CFプラットフォームは、募集している企業が詐欺的な目的でお金を募集しているかどうかを確認したり、掲載されている案件(投資商品)をプラットフォームで話し合う場を作ったり、投資家に対して投資することについて情報を提供したりしなければいけません。それに、プラットフォームの運営会社は中立的な立場になければなりません。例えば、プラットフォームでお金を募集している会社の株を持つなど、その会社と金銭的な利害関係にあってはいけません。


 

The above is a very basic summary of the current regulatory environment regarding crowdfunding in the US. Naturally there is more to write, but I do not want to make this post too long! There is plenty of information available online about these and other regulations, such as on the SEC’s website: https://www.sec.gov/index.htm

以上、アメリカのCF市場の法的枠組みについての概要です。本来ならもっと詳しく書くべきですが、あまりにも書きすぎるとごちゃごちゃしてしまうものですから・・・(汗)。上記規制や関連する規制についてもっとお知りになりたい方は、SECのHPをご覧ください:https://www.sec.gov/index.htm

Hopefully this post is of use to those interested in crowdfunding. I hope that similar regulations come to Japan in the near future, making it easier for companies to raise capital via equity, and for people to invest in up-and-coming companies. With adequate regulations in place, equity crowdfunding has the potential to truly revolutionise how SMEs gather capital, allowing incredible people with great ideas access to the funds they need to turn those ideas into amazing products and services.

この記事を通してCFに興味をお持ちの方に役立つ情報を提供できたならば嬉しいです。日本にもアメリカのような、企業に資金を簡単に調達する機会を与えながら、投資家にこれからの会社に投資する機会を与える法律が施行されるといいと思います。ちゃんとした規則があれば、エクイティ型CFは中小企業にとって画期的な資金調達方法になりかねず、すごい理想・アイデアを持つ起業家にとってそのアイデアを商品かサービスに具現化するために必要な資金の源泉となるかもしれません。

About US Regulations on Crowdfunding アメリカのCFの規制について

Knowledge is power.

知識は力なり。

If you want to expand into a new market, you have to have some knowledge of the relevant laws there. This is because these laws provide the framework within which you (and your partners there) can run a business.

新しい市場に進出したいのであれば、現地の規制・法律についての知識が欠かせません。その規制・法律が、進出したい企業(あるいは現地にある企業のパートナー)が事業を営める枠組みとなるからです。

I am going to the US on Thursday to explore opportunities for maneo to tie up with some major FinTech companies in the Bay Area. Today I realised that information about US regulations on crowdfunding is probably very inaccessible to Japanese.

今度の木曜日に出張でアメリカに行きます。maneoとBay Area(サンフランシスコやサンノゼの周辺)の大手FinTech企業との連携の可能性を探りに。アメリカのクラウドファンディング(CF)に関する現地の規制についての情報が、日本人にとって入手できないもの、あるいはわかりづらいのではないかと、調べながら感じたのです。

Since I need to improve my knowledge of the relevant regulations there, I will write this month about the regulations. I’m not a legal scholar or a lawyer, but if I am happy if I can provide an overview of the important parts of the rules regarding crowdfunding in the US.

自分もこれについて勉強しなければいけないので、今月これについて記事を書きます。弁護士ではありませんが、アメリカのCFの規制の肝心なところをお伝えすることができれば嬉しいです。

Don’t worry, I will try to make the posts as interesting and easy to understand as possible!

記事をなるべく面白くかつ分かりやすく書くようにしますので、ご期待ください!