Regulation – how to approach it? 規制~そのあるべき姿とは?

Dear readers,

皆さん、

I was recently interviewed by AltFi about Maneo and Maneo’s plans for its overseas operations. Here is a link to the article: http://www.altfi.com/article/2328_

先日、AltFiという、世界のソーシャルレンディング業界で有名な会社に取材を受けて、先方のHPで記事を掲載していただきました。内容はmaneoとmaneoの海外事業の展開についてです。よろしければご覧ください(英語です。ご了承ください!): http://www.altfi.com/article/2328_

Today I would like to give my two cents on regulation. I am mainly interested in regulation in the P2P lending industry (as I am a part of it), but I believe my views can be applied to regulation in general.

今日は規制(レギュレーション)について書きたいと思っています。ソーシャルレンディングの会社で仕事していますので、どちらかというとソーシャルレンディングの業界に関する規制に興味がありますが、私がこれから書くことはどの業界の規制にでも関係があると思います。

In essence, the following is my main view on regulation: regulation is absolutely necessary, but the regulation needs to make sense. This might seem obvious, but all too often regulatory frameworks do not match the reality of the businesses which have to operate within them.

基本的には、規制に関する私の意見は次の通りです:規制は必要不可欠なものです。ただし、理にかなう規制でなければだめです。当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、業界の現況やニーズとその業界の規制枠にはミスマッチがあるケースが少なくないと感じています。

What is the point of regulation? Personally I feel there are two main points. The first is to protect consumers from being exposed to unnecessary risk and harm from corporations, whose number one priority is to make money, not to protect consumers (whether we like it or not, this is reality). The second is to support up-and-coming businesses and to provide a framework within which large corporations must operate.

そもそも規制の意義は何なのか?個人的には、規制の意義には2つのポイントがあると思います。一つ目は、会社の最大なる目標は利益を上げることであり、個人を守ることではありません(不都合な真実ではありますが)。二つ目は、これからの企業を後押しすること、そして大企業が事業を行わなければいけない法的枠組みを設けることだと思います。

In regard to the P2P marketplace industry, regulators in most countries are at least trying to keep up with this growing industry. For example, platforms such as RealtyMogul and RealtyShares would not exist if it wasn’t for the JOBS Act being passed a few years ago. FinTech companies are actively being promoted by the Australian Government, and the Lithuanian Government is very open to forming new laws together with the industry.

ソーシャルレンディング業界については、たいていの国の規制当局はこの業界に合わせた規制を作ろうとしています。例えば、数年前アメリカではJOBS Actという法律が施行されましたが、この法律のおかげで不動産クラウドファンディングプラットフォームであるRealtyMogulやRealtySharesは事業が展開できます。オーストラリアですとフィンテック会社は政府に積極的に後押しされており、ヨーロッパのリトアニアという国では、政府はソーシャルレンディングのプラットフォームと話し合いながら法整備をしています。

In Japan the situation is unique. The regulatory framework required for P2P platforms to operate in certainly does exist, but it is not tailored specifically to the operations or needs of these platforms. Active consultation by regulators with the industry and researchers of our industry may change this in the future, but for the time being Japanese platforms need to make do with the framework which exists.

日本の場合は、ソーシャルレンディング会社が事業を展開するのに必要最低限の規制枠はありますが、ソーシャルレンディング会社の事業やニーズに合わせて作られたものではありません。もし規制当局が積極的にソーシャルレンディング会社と話し合いながら、この業界に関する研究報告書などを参考にすれば、この事態は変わるかもしれません。とりあえず、今のところはこういうプラットフォームは、与えられた規制枠の中で事業を展開するしかありません。

During good economic times, businesses (and consumers on their behalf, at times) tend to claim that they are overregulated. During recessions, however, consumers claim that businesses are underregulated. Regardless of the economic cycle, the best regulation is regulation which makes sense, which is based on facts and which is flexible to the needs and reality of the industry it is supposed to regulate.

(とにかくオーストラリアでは)景気がいい時は、「規制が厳しいぞ」と主張する会社があります(そう主張する個人もいます)。景気が悪い時は、「会社にもっと規制をかけろ」と主張する個人がいます。景気の良し悪しと関係なく最も望ましい規制というのは、理にかなう、事実に基づいた、会社のニーズと業界の実情に対して柔軟な規制なのではないでしょうか。

Regulators need to work together with businesses to create rules which support these businesses, and businesses need to work with regulators to ensure they are meeting their corporate social responsibility requirements. If regulators neither engage with the industry nor actively try to acquire independent data about the industry, how can they create regulations which make sense? In the end businesses operate within an unrealistic or inefficient regulatory framework, innovation is stifled and regulators are left wondering why the industry is so “uncooperative”.

規制当局は、会社と話し合って会社の支えとなる規制を作ることが大事です。一方、会社は規制当局と協力し、企業の社会的責任を果たすのも大事でしょう。もし規制当局が会社と話し合わず、そしてその業界についての客観的なデータを入手して勉強しなければ、理にかなう規制が作れるわけがありません。そうなると、会社は効率のよくない規制枠の中で無理くり事業を行い、イノベーションはなくなり、規制当局と会社が良好な関係を構築するハードルが上がります。

In regard to our industry on a global level, there are some organisations performing very good objective research on the reality of our industry, such as the Cambridge Judge Business School (CJBS) at the University of Cambridge. The Financial Conduct Authority (FCA) in the UK is going to partner with the CJBS to gather reliable objective information about the UK P2P industry so that it can create regulations which make sense. This will help further develop the already innovative UK market.

世界のソーシャルレンディング業界については、ケンブリッジ大学のCambridge Judge Business Schoolのような団体が質の高い研究をしてくれています。金融庁のイギリス版に近いFCAがこの団体と連携して、ソーシャルレンディングについての情報を提供してもらうことになっています。これは、理にかなう規制を作るためです。この連携は、UKのソーシャルレンディング業界にとっての更なる追い風になるでしょう。

There are similar bodies in Japan conducting local research, such as Yano Research. I believe there is a need in the Japanese P2P industry for regulators to access similar valuable research, engage with the industry and improve the regulatory framework within which we operate. I am not saying this as a euphemism for deregulation – regulation is required, but it has to make sense, which is the case for any industry. I believe that our industry in Japan has huge potential to continue disrupting the ancient industry which is the Japanese financial sector. Regulators should “jump on the bandwagon,” so to speak, and help us transform this industry for the better.

日本にも、同じような団体があります。矢野経済研究所がその例の一つです。規制当局が、このような客観的な情報を精査しながらソーシャルレンディング業界の会社と話し合うことが大事なのではないかと思います。「規制を緩くした方がいい」という意味で言っているのではありません。規制は必要ですが、理にかなうものでなければいけないのです(どの業界もそうですが)。ソーシャルレンディング業界(もっといえば日本のフィンテック業界)は、日本の金融業界においてものすごく大きな(大事な)変化をもたらす可能性があると思います。規制当局も、この業界のメンバーと一緒にこの波に乗ればいいのではないでしょうか。

One final point: regulators and industry should not be enemies. They should work together for the common good. Namely, to create an environment where businesses can operate within clear parameters and be successful, whilst consumers are protected but have access to a wide variety of products and services. No two parties can see eye-to-eye if they do not actively try to understand the other, however. This applies to both the regulators and the regulated.

最後になりますが、規制当局と会社はお互いの敵であってはいけません。一緒に公益のために協力すべきでしょう。具体的には、明確でわかりやすい枠組みの中で会社が栄えられる環境を整えながら、個人を守りながら個人に色々な商品やサービスを利用する機会を与えることです。お互いのことを理解しようとしなければ、規制当局と会社の間には意思疎通ができるはずがないでしょう。これは、規制する側もそうであり、規制される側もそうです。