The Appeal of maneo★★★★maneoの魅力

Dear readers,

皆さん、

I recently revamped the English documents which I use when I introduce non-Japanese persons to maneo and its business. So, I would like to share some of its contents, namely what makes our company and our industry in Japan unique.

先日、当社の英語版の説明資料を更新しました。海外から見るmaneoと日本のソーシャルレンディング業界の魅力をここでご紹介したいと思います。

There are five points which I will write about: ★what our company does, ★the silent partnership agreement (TK agreement), ★our franchising scheme, ★what makes maneo attractive to borrowers and investors, ★our partnership with a large FX/stock brokerage in Japan.

ご紹介したい点が5点あります。★maneoとは何か、★匿名組合契約とは何か、★当社のフランチャイズスキーム、★借り手と投資家からみたmaneoの魅力、★大手のFX証券会社との連携。

**********************************

First of all, what is maneo?

まずはmaneoとは?

maneo is an IT platform which links Japanese retail investors with small and medium-sized enterprises (SMEs) online, the first of its kind in Japan. maneo lent to individuals from 2008 until 2011, which truly made it a P2P company. Consumer finance is available at most established financial institutions, though, which made it hard for maneo to compete in that area. Since 2011 maneo has only lent to small to medium-sized enterprises (SMEs), with many borrowers being tied to the real estate industry. maneo has caused no loss on principal since 2011 following this shift.

maneoというのは、個人投資家と中小企業をネット上でマッチングする、日本初のソーシャルレンディング会社です。2008年~2011年は、個人に対して融資し、まさしくP2P(個人対個人)のプラットフォームでした。ところが、日本では消費者金融は充実していますので、maneoの融資残高は伸び悩んでいました。それで2011年以降、担保を提供できる法人(中小企業)に対してしか融資しておらず、そのうちの多くが不動産業界に関わっている事業者です。2011年におけるこの分岐点以降、元本が毀損されたことはありません。

**********************************

A silent partnership agreement? What’s that?

匿名組合契約って?

Investors electronically sign a silent partnership agreement (tokumei kumiai keiyaku, TK agreement) when they want to invest in a loan fund. It is an agreement between a company and investors, whereby the investor invests money into that company for the latter to use for a part of its business. In maneo’s case, the money is used for maneo’s lending business.

投資家は、ローンファンド(つまり、maneoの商品)に投資する際には、電子的に匿名組合契約(TK契約)に署名します。もっと細かくいうと、営業者の事業の一部に対して投資します。maneoの場合は、事業は貸金ですので、投資家はその事業のための資金を投資(提供)するわけです。

The features of this agreement include the following:

TK契約の特徴は下記のとおりです:

  • No need for the investor to be an accredited investor (huge investor base);
  • No limitations (for the time being at least) on how little or how much investors can invest;
  • Investors put equity into maneo for its business (which is lending), but do not become shareholders of maneo;
  • If maneo makes a profit on this venture (i.e. if the borrower repays their loan), investors are entitled to a share of the profits (i.e. interest @ 5%~8% per annum);
  • If maneo were to make a loss on the investment (i.e. if there were to be loss on principal), maneo passes on negative returns to investors;
  • Gatherers of funds via a TK scheme can use the funds outside of Japan.
  • 投資家が機関投資家である必要はありません。
  • 投資家が投資する金額に対する規制は(今のところ)ありません。
  • 投資家はmaneoの事業である貸金のために実質的にはmaneoにエクイティを入れるのですが、maneoの株主になるわけではありません。
  • maneoがその事業で儲かった(借り手が返済してくれる)場合、投資家に対してそこから生まれる利益の一部を配当します。
  • 万が一maneoが損をした(元本に毀損が生じた)場合、maneoは投資家に対してマイナス配当をします。

maneo lends on its balance sheet, but does not assume the risk of the borrower defaulting. In this way, maneo is a mixture between an asset manager and a bank. This is made possible thanks to the TK agreement.

maneoはオンバランスで融資する(自己資金を使って融資する)が、デフォルトのリスクを負いません。このように、maneoは銀行とアセットマネージャーの融合に近い存在だと言えるのではないかと思います。この中核となるのが、TK契約です。

**********************************

Social lending franchisees?

ソーシャルレンディングのフランチャイジーって?

One year has already passed since maneo started franchising itself. Yes, companies/entrepreneurs can run their own white-label version of maneo! The idea behind franchising maneo is simple: to give companies in various industries the ability to directly raise funds for their business from the Japanese crowd. More on this appeal later in this post.

maneoは一年前から自社のITプラットフォームを「フランチャイジー」(他の業界の営業者)に販売しております。そうです、事業者は独自のプラットフォームが買えます!このフランチャイズ事業の背景にある概念は、様々な業界にいる業者さんに、必要な資金を直接日本の個人投資家から集める手段を与えることです。この事業の魅力については後述します。

By the end of this month we will have five franchisees as part of the maneo family. One platform is being used to fund developers involved in “fix & flip” (renovation) projects mainly in Silicon Valley, another is being used to provide funds to a consumer finance company in Hong Kong…How the platform can be used is mainly limited by one’s imagination.

今月末までには、maneoファミリーにいるフランチャイジーが5つまで増えます。そのうちの一つは、主にシリコンバレー(サンフランシスコからサンノゼまでの地域)の不動産をリフォームする業者に対して融資しており、もう一つは香港の消費者金融の会社に対して資金を提供しています。プラットフォームが活かせる業界はたくさんあるのです。

The maneo family is steadily growing, with our platform already being used to raise funds for overseas projects. We are always looking for new members to join this family. Companies with a track record would benefit especially from being franchisees, being able to leverage their reputation to increase their credit in the eyes of Japanese investors.

maneoのファミリーの規模は順調に増えており、海外のプロジェクトのためにプラットフォームを使うフランチャイジーは中にいます。このファミリーに加わる新しいメンバーを探しています。特に実績のある会社は、プラットフォームとの相性がいいでしょう。実績のある会社であれば日本の投資家に信頼してもらえる可能性が高いからです。

**********************************

What is maneo’s appeal to Japanese investors?

日本の投資家からみたmaneoの魅力は?

Here are a few points which help explain why maneo continues to be popular with investors in Japan:

maneoが日本の投資家にとって人気がある理由については、箇条書きでまとめてみます。

  • No loss on principal since 2011;
  • All loan funds are backed by collateral or a guarantee;
  • LTV (Loan to Value) varies, but is typically below 70%;
  • Investors can invest from as little as 10,000 yen ($95) -> Easy to start investing;
  • Very good returns in an extremely low interest rate environment.
  • 2011年から元本が毀損されたことはありません。
  • 各ローンファンドは担保又は保証が付いています。
  • LTV(担保の評価額に対する融資額の割合)は変動しますが、普通は70%以下です。
  • 1万円から投資できますので、試しに投資するにはハードルが低いです。
  • 低金利の環境が続いているが、銀行の金利よりもはるかにいいリターンが得られます。

The table below shows how little interest per year Japanese get when they put $100k, $30k~$100k and below $30k into a 1-month~10-year fixed-term account (as of the end of June 2016). After 10 years, a $100k investment will only grow to be around $100,400. That is before taxes, bank fees etc. Essentially, they are better off putting their money in money vaults at home or underneath their beds.

下記の表は、日本人が1000万円以上、300万円~1000万円、300万円以下を6ヵ月から10年の定期預金の口座に入れた場合に得られるリターンを示すものです(6月末現在)。1000万円を10年の定期預金の口座に預けた場合は、10年後その金額は1004万円ぐらいまでしか増えません。しかも、銀行のフィーや税金が差し引かれる前の金額です。それなら、お金を銀行に預けることはタンスに現金を入れるも同然だと主張することは過言ではないと思います。

図2In contrast to this, they can earn 5-8% per annum (1400~2200 times the return in the previous example) on asset-backed loan funds.

これに対して、maneoの担保付き(または保証付き)ローンファンドに投資すれば、さきほどの事例の1400倍~2200倍のリターンが得られます。

There are few investment options easily available to Japanese retail investors which provide good returns at fixed intervals. There is also a very large need for capital amongst businesses in Japan and the world. maneo, together with its partners is helping solve both of these important issues, creating a win-win situation for everyone involved.

定期的にいいリターンが得られる投資商品は、日本の個人投資家が簡単に手が出せるものは少ないです。その一方、日本と外国の中小企業にはかなりの資金ニーズがあります。maneoは、maneoファミリーのメンバーと一緒にこの2つの課題を解決しようとしております。

**********************************

What is maneo’s appeal to franchisees?

フランチャイジーから見たmaneoの魅力は?

Here are some of the benefits which franchisees could enjoy using their own white-label platform offered by maneo.

フランチャイジーがプラットフォームを活用するメリットをまとめてみます。

  • Can gather funds for projects directly from Japanese individuals;
  • Due to the structure of the TK agreement, in case the franchisee makes a loss, “negative returns” are passed on to investors. Should such a situation occur, however, this would impact the franchisee’s credibility and their ability to raise funds;
  • Franchisees determine their own cost of capital (how much to pay investors for funds provided);
  • Low interest rates in Japan have lead Japanese to have low expectations on return on investment;
  • Funds raised in Japan can be used overseas;
  • No need to acquire relevant financial licences in Japan -> franchisees can leverage maneo’s parent company’s (maneo Market) licence;
  • There is over $5 trillion (yes, trillion) USD in household savings sitting in Japanese banks earning very, very low returns -> no shortage of money in Japan;
  • 資金を直接日本の個人投資家から集めることができます。
  • TK契約のスキームにおいては、万が一元本が毀損された場合には、投資家に対してマイナス配当することができます。なお、そのような事態が起きた場合は、フランチャイジーの信用力が落ち、お金の募集に影響が出る可能性が高いです。
  • フランチャイジーは資金の調達コストを決めることができます(投資家にいくら配当するかを決めることができます)。
  • 低金利の環境が続いているため、日本人の求めるリターンは比較的低いです。
  • 日本で集めたお金を海外で活かすことは可能です。
  • 日本で金融庁から免許を取得する必要はありません(maneoマーケットという親会社の免許を利用することは可能です)。
  • 日本の家庭には543兆円の預金があります(日本には(活用されていない)お金がたくさんあります)。

**********************************

maneo and GMO

maneoとGMOについて

Since this has become a rather long post, I will keep this last section brief!

文章が大分長くなってきましたので、できるだけ簡潔に書いてみます。

maneo signed a capital sharing agreement with GMO Holdings, the holding company of GMO Click Shares in February 2016. GMO Click Shares is the largest FX trader in the world by volume and has around 440,000 accounts. maneo’s loan funds (and those of our franchisees) will be marketed to this army of investors from October this year. In this way, maneo aims to act as a link between its own investors & companies with their own investors and franchisees both in Japan and abroad.

今年の2月に、maneoとGMOホールディングス(GMOクリック証券の親会社)と資本業務提携をいたしました。取引残高においてはGMOクリック証券は世界一で、44万口座のある会社です。maneoのローンファンド(そしてmaneoファミリーのメンバーのローンファンド)がGMOクリック証券の投資家に今年の10月から販売される予定です。このように、maneoは自社の投資家および投資家を抱える会社と、日本国内にいるフランチャイジーを結びつける存在になるのを目標の一つとしているわけです。

**********************************

Thank you for taking the time to read this post! If you have any questions, please contact me via LinkedIn (Mattias Karnell), email me or email us via our English website (link on the right side of this blog).

皆さん、お疲れ様でした!ご質問がありましたら、LinkedInをお使いの方は私(Mattias Karnell)につながり申請をしてください。または、当社のホームページを通してご連絡ください。今後ともよろしくお願い致します。