Long time no blog post!  ご無沙汰しています!

Dear readers,

皆さん、

It has been a while since I have updated this blog. I apologise!

ご無沙汰しております。4月上旬からブログの更新ができていませんでした。

I went to Hong Kong at the end of last month to explore the possibility of working together with a couple of partners there. They are the co-founders of a lending company which provides second mortgages. I was impressed by their ideas for new products to provide to investors.

先月、出張で香港に行ってきました。現地にいる某社との連携を探るためです。この会社は不動産担保融資(主に第二順位)を行っている会社です。この会社の創業者の2人は優秀な方で、今後出していこうと思っている新しい商品をいくつか紹介してくれたのですが、各商品の独創性に感心しました。

It appears that due to regulations in Hong Kong, it is very difficult for money lenders to recruit investors. Here in Japan, if you sign a “silent partnership agreement” (tokumei kumiai keiyaku – TK agreement) with investors, you can easily raise funds from investors. This is one of the reasons why I went to Hong Kong to discuss how to get money from Japan to Hong Kong.

香港では、現地の規制によって貸金業者が投資家を募ることはかなり難しいそうです。一方、日本では投資家と匿名組合出資契約(TK)を交わせば、簡単に資金を集めることができます。日本にはこういうスキームがあり、香港で活かせることができるのではないかと思って香港に行ったのです。

I learned many things from my trip to Hong Kong. First of all, the housing market is quite influenced by the inflow and outflow of mainland Chinese capital. Second, housing there is expensive, and income inequality appears to be a rather big issue. I wonder how most people afford to buy apartments there! Banks also lend at most up to 60% of the value of the real estate, creating a large (but somewhat risky) market for second mortgage providers.

香港は初めてで、香港の出張は勉強になりました。まず、現地の不動産市場は中国から入ったり出ていったりするお金でかなり揺るがされること。そして、不動産は高く、社会の格差があるように見えました。その中で、一般人だったら本当に家が買えるのかな~と多少疑問に思いました。銀行は最大不動産の価値の60%までしか貸し出さないそうなので、銀行が融資してくれない「足らず部分」を融資する市場ができているとのことです。

I gave a presentation about maneo and its scheme (including the TK agreement scheme) at the City University of Hong Kong. Gathered were academics from mainland China, the US and Switzerland. Judging from the feedback I received when mingling with audience members afterwards, it really appears that our scheme is unique. I will write another post detailing this scheme and its benefits, but it reminded me of two points: 1. very little is known (both in Japan and) abroad about loan-based crowdfunding in Japan; 2. our scheme has the potential to cause great positive change in the world by bringing Japanese money to other countries; 3. there is a huge global need for capital, both from borrowers but also from people lending to those borrowers, and I feel that maneo has the potential to answer that need.

maneoのスキームと匿名組合出資契約のスキームについて、香港のCity University of Hong Kongで飛び込みでプレゼンをしました。スイス、アメリカ、中国といういくつかの国から来た学者などが参加していました。プレゼンの後、参加者の方々と交流したのですが、maneoのスキームは世界から見るとどうも珍しいようです。スキームのことは別の記事でご説明しますが、この学会に参加できたおかげで、1.やはり日本国内外で日本での貸付型クラウドファンディングのことを知っている人があまりいないな、2.外国に日本のお金を持っていくことで、世界でいい変化をもたらすことができそうだな、3.世界各国では借り手だけじゃなくて、その借り手に対して融資する貸金業者の資金ニーズが大いにあり、maneoがこのニーズに応えることができるかもしれない、と思いました。

I look forward to visiting more countries. Not only is it great to meet different partners we can work together with, but it is also fantastic for my personal growth to explore the world. I feel fortunate to be in my current position.

これからも色々な国を回りたいと思っています。現地のパートナー候補と情報交換することも勉強になりますが、自分の成長においても貴重な機会です。仕事は楽しく、かつ、とても有意義です。

I will provide more information going forward about social lending in Japan, my company and comments on international alternative finance news from my perspective.

今後は日本におけるソーシャルレンディング、maneo、そしてクラウドファンディングなどについての記事に対するコメントを記事の形で書いていきたいと思っています。

Look forward to more interesting content!

今後ともよろしくお願い致します!