Interesting discovery in Nagoya 名古屋で学んだこと

Hello everyone! For those of you in Japan, I hope you have enjoyed Golden Week.

こんにちは!日本にいらっしゃる皆さん、GWを楽しめましたでしょうか。

At the end of April I went to Nagoya for a conference on alternative finance (FinTech). Platforms involved in factoring, lending, equity crowdfunding etc. from all over the Asia-Pacific gathered at Nagoya University for the conference.

4月下旬にフィンテックの学会へ参加に名古屋に行ってきました。学会のために、様々な種類のプラットフォーム(エクイティ型、ファクタリング型、貸付型など)の代表がアジア太平洋の隅々から名古屋大学に集いました。

One prominent researcher from Cambridge University at the conference, Robert Wardrop, presented very interesting views on crowdfunding, which I would like to share here.

ケンブリッジ大学の研究者のロバート・ワードロップさんは、クラウドファンディングについて面白い発言をしていましたので、ここで共有したいと思います。

The first view was that as regulations in more and more countries allow equity-based crowdfunding platforms to operate freely, rewards-based platforms will suffer. This is because the latter have been used as a means of raising much-needed early-stage capital for lack of a better alternative. Indiegogo and Kickstarter are apparently trying to get involved in equity crowdfunding so that they do not become obsolete.

一つ目は、エクイティ型クラウドファンディングのプラットフォームに対する規制を整備・緩和する国が増えるほど、購入型クラウドファンディングのプラットフォームは衰退するということ。その理由は、クラウドファンディングを通してエクイティという形で資金を調達できなかったがために購入型のプラットフォームで資金調達をしたという企業が多いからだそうです。アメリカの有名な寄付型・購入型プラットフォームのIndiegogoとKickstarterも、この波に乗り遅れないようにエクイティ型CFにも手を出しているところだと言っていました。

Mr Wardrop mentioned that startups will most likely gather money on rewards-based platforms, move on to equity-based platforms once they have gathered enough “followers” and funding, and then move on to loan-based platforms as an alternative to equity funding. It is good that startups will have more alternatives with funding going forward, though, as more governments actively embrace alternative finance platforms.

ワードロップさんは、まず購入型プラットホームで資金と「応援者」を集めてから、エクイティ型プラットホームでエクイティを募集して、ある程度成長してきたら貸付型プラットホームでデットを募集するだろうと指摘しました。様々なクラウドファンディングのプラットフォームを快く受け入れる政府が増えるにつれ、ベンチャー企業にとって資金の源泉の選択肢が増えてくるので、いいと思います。

Another interesting view was on the future of loan-based platforms: 1. loan-based platforms will either become like banks so that they can gather depositor money (hence lowering their cost of capital), or 2. banks will try to move into the loan-based crowdfunding sphere. I believe that banks will take more and more notice of loan-based platforms in the future as the latter become too big to ignore.

ワードロップさんもこう言っていました:貸付型プラットフォームが預金が受けられるようになるために銀行になるか、または銀行が貸付型クラウドファンディングの業界に参入するだろうと。貸付型プラットフォームがどんどん実績を積んでいくにつれ、銀行はいやおうなしにこういうプラットフォームの存在に目を瞑っていられなくなってくると思います。

Finally, me and other representatives of loan-based platforms were asked whether we are “asset managers” (lend money off our books and bear no default risk) or “banks” (lend money on our books and bear default risk). Platforms like Prosper are like asset managers, whereas platforms like maneo really are a mixture of the two. I thought it was a very good observation made by him.

他の貸付型プラットフォームの代表者と私がワードロップさんに聞かれたのは、我々融資型プラットフォームはアセットマネージャー(オフバランスで貸し付けて、貸し倒れのリスクを負わない)かどうか、または銀行(オンバランスで貸し付けて、貸し倒れのリスクを負う)かどうかと。アメリカのプロスパーのようなプラットフォームはアセットマネージャーですが、maneoのようなプラットフォームはそのどちらでもない。とても面白い指摘だと思いました。

Going to this conference allowed me to meet many amazing people and to see maneo in a more objective way. Looking forward to going to more events in the future!

この学会に行くことができたおかげで、maneoをより客観的に見ることができたような気がします。今後も是非ともこういうイベントに出てたくさんの人に会いたいと思います。