Crowdfunding Regulations in the US アメリカのCF市場の法的枠組み

Dear readers,

皆さん、

I’m back from the US! I went there for a few days about a week ago together with my boss. We visited our partners in San Francisco and also a few crowdfunding companies. There are some pictures from my trip there on my Facebook page: https://www.facebook.com/profile.php?id=100009190328956

先日アメリカから戻ってきました。社長と一緒に、サンフランシスコで活躍しているパートナーに会いに、そして向こうのCF企業に面談に行っていました。出張中に撮った写真をご覧になりたい方は私のFBをご覧ください:https://www.facebook.com/profile.php?id=100009190328956

Anyway, as promised I will try to provide some information about the crowdfunding regulatory framework which exists in the US. Knowledge of some of the important regulations there should be of interest to those seeking to learn more about the US crowdfunding industry.

以前お約束しましたように、アメリカのCF市場における規則(法的枠組み)について書いてみます。アメリカのCF企業に興味がある方にとっては、アメリカのCF市場の代表的な規制についての情報は役立つはずです。

The key regulations which I will discuss are the following: Regulation D (Rule 506(c)) and Titles III and IV (Regulation A+) of the Jumpstart Our Business Startups Act (JOBS Act).

私がご説明する規則は、JOBS ActというCFに関する法律のRegulation D (Rule 506(c))、Title IIIおよびTitle IV (Regulation A+)という規則です。

One crucial way for startup businesses to raise capital is via issuing some form of security in return for the investment. Any corporation wishing to raise capital through issuing securities must get approval for that transaction from the Securities and Exchange Commission (SEC), unless they apply for exemption via Regulation D (which includes rules such as Rule 506(c)). Even with an exemption, however, it has been difficult in the past for companies to raise money, as they have generally been prohibited from placing ads in newspapers etc. for the purpose of selling those securities.

(どこの国でもそうですが)ベンチャー企業にとって大事な資金調達方法の一つは、投資家からお金を集めることです。お金の代わりに有価証券を譲ります。有価証券を対価として資金調達をしたい企業は、アメリカの証券取引委員会(SEC)からその取引の承認を得なければいけない、あるいはRegulation DのRule 506(c)などを通して免除を申請しなければいけません。免除を受けた企業でも、以前は公に投資家を募集することができなかったため、資金調達することが難しかったのです。

Now, thanks to regulations such as Rule 506(c) and Regulation A+, it is possible for companies to solicit (i.e. advertise) their offerings. Depending on the regulation used, however, these companies can only solicit their offerings to accredited investors and must make sure that investors are accredited. Accredited investors are people who have earned $200,000 each year for the past two years (or $300,000 with a spouse) or who have $1,000,000 in assets, excluding their primary residence (basically, people who are already quite wealthy). In the case of real estate crowdfunding, crowdfunding platforms make sure that investors are accredited, making it possible for real estate developers, for example, to market their deals knowing that their potential investors are allowed to invest in their projects. This is in essence a summary of Rule 506(c).

Rule 506(c)とRegulation A+のおかげで、免除を受けた企業は投資家を募集することができるようになりました。適用される規則によりますが、適格投資家に対してしか募集活動を行うことができず、更にはその投資家が適格投資家であるのを確認しなければいけません。適格投資家というのは、過去2年から毎年20万ドル(およそ2300万円)を稼いだ(配偶者がいれば30万ドル(およそ3450万円))、または自宅を除いて100万ドル(約1億1500万円)の純財産を持っている人を指します。つまり、すでに相当お金を持っている人のことですね・・・。不動産CFの場合はCFのプラットフォームが、投資家が適格投資家であるのを確認することによって、建設業者などは不動産の投資案件を投資家に対して提案してお金を募集することができます。これが、Rule 506(c)の概要です。


 

Regulation A+ (Tier I and Tier II) is part of Title IV of the JOBS Act. In the case of Tier II, companies are now able to gather funds from ordinary people (retail investors) as well as accredited investors. Regulation A+ serves as a good way for companies wishing to raise a large amount of money without having to spend millions of dollars to be listed on a stock exchange such as NASDAQ. The main differences between the two tiers include the following:

Regulation A+ (Tier IとTier II)は、JOBS ActのTitle IVの一部です。Tier IIを申請する企業は、適格投資家だけでなくて個人投資家からでもお金を集めることができます。Regulation A+は、お金をたくさん集めたいがIPOするのにかかる数億円の費用を避けたい企業にとって有利な資金調達方法かもしれません。Tier IとTier IIの大きな違いは下記のとおりです。

Tier I

  • Companies can raise up to $20 million during a 12-month period.
  • No audit requirement, but must get approval in each state they wish to market their securities.
  • 企業は12か月間で2000万ドル(約23億円)調達できます。
  • 提出する財務諸表は監査人に確認されたものでなくてもいいようですが、資金調達したい州ごとに各州からその取引を承認されなければいけません。

Tier II

  • Companies can raise up to $50 million during a 12-month period.
  • Audit requirement, but no need to get approval in each individual state.
  • Non-accredited investors cannot purchase securities which are worth more than 10% of their income or net worth, whichever is greater.
  • Companies must regularly file reports about their business.
  • 企業は12か月間で5000万ドル(約58億円)調達できます。
  • 提出する財務諸表は監査人に確認されたものでなければいけないが、各州に投資家との取引を承認されなくてもいいです。
  • 個人投資家は、自分の純財産の1割あるいは年収の1割、どちらか大きい方以上の価値の有価証券までしか購入することができません。
  • 企業は定期的に(プラットフォームや投資家に対して)経営成績、投資事業の進捗などを報告しなければいけません。

 

Title III of the JOBS Act serves as a good way for companies to easily raise up to $1 million during a 12-month period. One could say that Title III is for companies that are starting out, whereas Title IV is more for those companies which have a somewhat established financial track record. Ordinary people can also invest in these companies, within the limits set out below:

JOBS ActのTitle IIIを通して、企業は12か月間で100万ドル(約1億1500万円)調達することができます。Title IIIは、起業してあまり時間が経たない企業に向いており、Title IVは財政基盤がある程度しっかりしていて実績があるベンチャー企業に向いていると言えるでしょう。個人投資家でもこういう企業に投資することができますが、下記制限があります。

  • If their net worth or annual income is less than $100,000, they may only invest during a 12-month period the larger of the following two figures:
    1. 5% of their annual income or net worth, whichever is lesser;
    2. $2000.
  • 純財産あるいは年収が10万ドル(約1500万円)以下なら、12か月間でどちらか大きい方に相当する金額しか投資することができません:
    1.年収または純財産の5%に当たる金額、どちらか小さい方;
    2.2000ドル(約21万5000円)。
  • If their net worth or annual income is greater than $100,000, they may only invest during a 12-month period 10% of their annual income or net worth, whichever is lesser;
  • 純財産または年収が10万ドル(約1500万円)以上なら、12か月間で年収の1割または純財産の1割、どちらか小さい方に相当する金額しか投資することができません。
  • Ordinary people can only hold up to $100,000 worth of such securities across all crowdfunding platforms sold during a 12-month period.
  • 個人投資家がすべてのプラットフォームで12か月間で買った有価証券の価値が10万ドル(約1500万円)を超えなければいけません。

Companies are required to disclose information, including the following:

企業は下記のような情報を提供する義務があります:

  • Financial statements;
  • 財務諸表;
  • Information about the business and how it will use money raised via equity crowdfunding;
  • 企業についての情報、集めたお金をどうやって使うかなどの情報;
  • Annual reports about the business;
  • 企業についての年間報告書;
  • Information about the officers and directors of the company.
  • 企業の執行役員や取締役についての情報。

Companies can solicit their offerings via crowdfunding platforms which are registered with the SEC. Crowdfunding platforms are essentially required to make sure that companies seeking capital are not there for fraudulent purposes, to provide communication channels to discuss deals presented on the platform, provide information to investors about investing etc. Platforms must also be neutral. They are not allowed, for example, to have financial interests (such as holding shares) in companies which are listed on their platform.

企業は、SECから免許を持っているCFプラットフォームでお金を募集することができます。CFプラットフォームは、募集している企業が詐欺的な目的でお金を募集しているかどうかを確認したり、掲載されている案件(投資商品)をプラットフォームで話し合う場を作ったり、投資家に対して投資することについて情報を提供したりしなければいけません。それに、プラットフォームの運営会社は中立的な立場になければなりません。例えば、プラットフォームでお金を募集している会社の株を持つなど、その会社と金銭的な利害関係にあってはいけません。


 

The above is a very basic summary of the current regulatory environment regarding crowdfunding in the US. Naturally there is more to write, but I do not want to make this post too long! There is plenty of information available online about these and other regulations, such as on the SEC’s website: https://www.sec.gov/index.htm

以上、アメリカのCF市場の法的枠組みについての概要です。本来ならもっと詳しく書くべきですが、あまりにも書きすぎるとごちゃごちゃしてしまうものですから・・・(汗)。上記規制や関連する規制についてもっとお知りになりたい方は、SECのHPをご覧ください:https://www.sec.gov/index.htm

Hopefully this post is of use to those interested in crowdfunding. I hope that similar regulations come to Japan in the near future, making it easier for companies to raise capital via equity, and for people to invest in up-and-coming companies. With adequate regulations in place, equity crowdfunding has the potential to truly revolutionise how SMEs gather capital, allowing incredible people with great ideas access to the funds they need to turn those ideas into amazing products and services.

この記事を通してCFに興味をお持ちの方に役立つ情報を提供できたならば嬉しいです。日本にもアメリカのような、企業に資金を簡単に調達する機会を与えながら、投資家にこれからの会社に投資する機会を与える法律が施行されるといいと思います。ちゃんとした規則があれば、エクイティ型CFは中小企業にとって画期的な資金調達方法になりかねず、すごい理想・アイデアを持つ起業家にとってそのアイデアを商品かサービスに具現化するために必要な資金の源泉となるかもしれません。

About US Regulations on Crowdfunding アメリカのCFの規制について

Knowledge is power.

知識は力なり。

If you want to expand into a new market, you have to have some knowledge of the relevant laws there. This is because these laws provide the framework within which you (and your partners there) can run a business.

新しい市場に進出したいのであれば、現地の規制・法律についての知識が欠かせません。その規制・法律が、進出したい企業(あるいは現地にある企業のパートナー)が事業を営める枠組みとなるからです。

I am going to the US on Thursday to explore opportunities for maneo to tie up with some major FinTech companies in the Bay Area. Today I realised that information about US regulations on crowdfunding is probably very inaccessible to Japanese.

今度の木曜日に出張でアメリカに行きます。maneoとBay Area(サンフランシスコやサンノゼの周辺)の大手FinTech企業との連携の可能性を探りに。アメリカのクラウドファンディング(CF)に関する現地の規制についての情報が、日本人にとって入手できないもの、あるいはわかりづらいのではないかと、調べながら感じたのです。

Since I need to improve my knowledge of the relevant regulations there, I will write this month about the regulations. I’m not a legal scholar or a lawyer, but if I am happy if I can provide an overview of the important parts of the rules regarding crowdfunding in the US.

自分もこれについて勉強しなければいけないので、今月これについて記事を書きます。弁護士ではありませんが、アメリカのCFの規制の肝心なところをお伝えすることができれば嬉しいです。

Don’t worry, I will try to make the posts as interesting and easy to understand as possible!

記事をなるべく面白くかつ分かりやすく書くようにしますので、ご期待ください!