View your peer-to-peer investments on one service! クラウドファンディングの投資案件をまとめて管理しよう!

There are too many crowdfunding platforms in the US!

アメリカにはクラウドファンディングのプラットフォームが多すぎます!

The past couple of years have seen a major increase in the number of peer to peer lending and similar crowdfunding platforms, especially in the US. A branch of crowdfunding which is particularly popular is real estate crowdfunding. In the US there already appear to be 80-100 different real estate crowdfunding platforms!

ここ2年間は、特にアメリカではクラウドファンディングのプラットフォームが爆発的に増えてきています。特に注目を集めているのはクラウドファンディングを通しての不動産への投資(不動産クラウドファンディング)です。アメリカではすでに80~100の不動産クラウドファンディングの プラットフォームがあるといいます。

With so many platforms available, it is troublesome for investors to monitor their investments on each individual platform. Going to each individual site takes time, and it is not necessarily easy to compare the projects which each platform offers. There is finally, however, a website which allows people to monitor their investment portfolios on one site!

いくつかのプラットフォームを使って投資している方にとっては、各々のプラットフォームでの投資案件の現状を確認するのは大変でしょう。各プラットフォームのHPにアクセスして確認するのは時間がかかるし、それぞれのプラットフォームの投資案件またはサービスを比較するのはさほど容易ではないと考えられます。こういう状況の中、各プラットフォームの投資案件を一つのサイトで確認・管理できるサイトがあります!

The name of this website is AlphaFlow. It gather your accounts from various platforms onto one site. Not only that, it lets you know whether you are getting your returns as you are supposed to, both in terms of time but also in terms of amount. If your returns are not coming in on time or you’re not receiving as much as you should be, you will receive a notification from AlphaFlow.

AlphaFlowというサイトです。いくつかのプラットフォームの口座を一つのサイトでまとめて管理することができます。さらに、配当が約束通りに定期的に入金されているか、正しい金額が入金されているかも確認できます。配当が遅れたり、配当の金額が合っていなかったりする時は、AlphaFlowから通知が届きます。

I believe the merits of this kind of service include the following: 1. Investors can keep track of their various investments and compare them; 2. Each platform knows that it is being watched and that investors will be alerted if they do not provide returns as promised. Above all, I believe such services show just how popular real estate investment (and crowdfunding in general) is to investors of all backgrounds. Maybe in the future there will be similar services for those who wish to monitor their donation-based and rewards-based crowdfunding projects!

AlphaFlowのようなサービスのメリットは次の通りだと思います:1.投資家はいくつかのプラットフォームの投資案件を簡単に管理・比較することができます。2.プラットフォームを運営する会社に約束通りリターンを配当するさらなるインセンティブになります。何よりも、こういうサイトの存在が何を証明するかというと、プロの投資家と一般人の投資家にとっていかに不動産投資またはクラウドファンディングが魅力的なのか、ということです。ゆくゆくは、寄付型または商品型クラウドファンディングの口座をまとめて管理できるサイトができるかもしれません!

I feel that there should be a similar service like AlphaFlow in Japan. It should be possible for investors to easily manage their various crowdfunding investments, even if crowdfunding is still in its early stages here. It would benefit both up-and-coming and established crowdfunding companies (the former would receive free marketing, whilst the latter could emphasise its past success), and it would be doing investors a good favour by making it easy for them to manage their various investments. Considering the pace at which new platforms are popping up in Japan, however, it is just a matter of time before a service like AlphaFlow becomes available here. That will be a true milestone for the crowdfunding industry in Japan.

日本にはAlphaFlowに似たようなサービスがあったらいいのではないでしょうか。日本におけるクラウドファンディング市場はまだ小さいです。といっても、投資家にとっていくつかのプラットフォームをまたがるクラウドファンディングのポートフォリオを管理するのがより便利になれば、それは大きなメリットです。そういうサービスがあった方が、これからのプラットフォームとすでにある程度実績のあるプラットフォームのためになります(前者にとっては知名度をあげる大きなチャンスである一方、後者にとっては自社の実績をアピールするチャンスになるからです)。日本でプラットフォームの数が増えつつあるのを考えると、AlphaFlowのようなサービスができるのは時間の問題ではないでしょうか。もしこういうサービスができれば、日本のクラウドファンディング市場にとって大きな一里塚になると思います。

One-stop crowdfunding platform launched in Singapore 斬新なクラウドファンディングの会社がシンガポールで立ち上がり。

先日、面白いシンガポールの会社を見つけました。

Hi everyone! The other day I came across an interesting company in Singapore.

Fundnelという会社で、今月プラットフォームを公開したそうです(https://fundnel.com/)。一種のクラウドファンディング(CF)のサービスだけではなくて、様々なサービスを提供しています。よくあるのが、エクイティ型CFとか融資型CFとか寄付型CFとか購入型CF(商品がリターンとなるサービス)のどれか一つを提供することです。しかし、Fundnelは違います。

It’s a company called Fundnel, and it seems like they just launched their platform this month (https://fundnel.com/). Normally fintech (financial technology) companies offer just one type of service, whether it be equity-based, loan-based, donation-based or reward-based crowdfunding. Fundnel, on the other hand, offers a variety of services to companies and products to investors.

Fundnelで資金調達をする企業はベンチャー企業と中小企業のようです。この企業は下記資金調達方法の中から選べます。

Mainly startups and SMEs will most likely try to gather funding on Fundnel. They can choose from the following methods of gathering capital:

  • エクイティ型CFに近いmandatory convertible bonds(一定期間が経過すると自動的に株に転換する転換社債)による資金調達。純粋なエクイティ型CFはまだやっていないそうです。
  • 融資型CF(ソーシャルレンディング)による資金調達。利息は原則として半年に1回支払われるそうです。
  • 普通の転換社債の発行による資金調達。
  • レベニューシェア(予め決められた比率で粗利の一部を分配するスキーム)による資金調達。
  • 購入型CFによる資金調達。
  • Via the issuance of mandatory convertible bonds (bonds which automatically become common stock after a certain period). This is the closest option to equity-based crowdfunding which Fundnel offers. They are not offering pure equity-based crowdfunding for the time being;
  • Via loan-based crowdfunding (social lending). Interest will be paid in principle once every six months;
  • Via the issuance of “ordinary” convertible bonds (bonds which you can turn into common stock);
  • Via revenue sharing;
  • Via reward-based crowdfunding (you get a product or a service in exchange for your investment).

レベニューシェアと購入型CFの案件には誰でも投資できますが、その他の案件は適格投資家または機関投資家でないと法的には難しいとのことです。

Revenue-sharing and reward-based crowdfunding projects are available for anybody to invest in. Other projects, however, require you to be an accredited or institutional investor.

面白いところの一つは、案件の募集金額が100%を超えた場合、資金調達する企業は100%の金額にするか100%を超えた分も受け取れることが可能という点です。もう一つは、シンガポールの企業だけでなくて、ASEANの企業に投資家が投資できるところです。さらに、資金調達したい企業は会社名だけでなくて、財務諸表や経営陣の名前など様々な情報が公開できるそうです。投資家からすると、投資先の企業の情報が公開されているのはいいのですが、高リスク・高リターンの商品であることには変わりないと思います。

One interesting aspect of Fundnel is that it is possible for a project to attract more funding than the company being invested in asked for (eg. 150% instead of 100%). The company can in some cases decide whether to stick with its requested amount or to receive the extra funding. Another interesting aspect is that investors can invest in countries from several ASEAN nations, not just companies in Singapore. Companies requesting financing are also able to publish information about themselves to investors, such as the name of staff members, financial information and so on. It’s good for investors to be able to view such information, but that still means that investing in such companies is a high-risk, high-return venture.

プラットフォームが公開される前に、Fundnelの経営陣は自分の知り合いの投資家に実験的にmandatory convertible bondsとレベニューシェアの案件を6件提供し、無事に500万ドルを集めたといいます。サービスの正式な開始により、様々な資金調達方法と投資商品を提供するFundnelのこれからの成長はこれからは注目されていくでしょう。

Before the launch of the platform, Fundnel gathered $5 million USD by getting insiders to invest in six projects. Some were mandatory convertible bond projects, others were revenue-share projects. Following the official release of its platform, Fundnel will surely receive much attention going forward for offering businesses several ways of gathering funds and for offering a variety of products to investors.

いつもありがとうございます。

Thank you for reading this blog entry!

An Indonesian social lending company インドネシアのソーシャルレンディングの会社の紹介

New social lending companies are even popping up in Indonesia!

インドネシアでもソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)の会社が立ち上がっています。

The company I would like to focus on today is called Modalku. It started providing its services to Indonesian entrepreneurs this Wednesday (13 January 2016).

Modalkuという会社なのですが、今週の水曜日(2016年1月13日)にサービスを開始したそうです。

Here are some of the features of the company:

  • It provides unsecured loans to SMEs (small to medium-sized enterprises)
  • Interest is between 15-20% per year
  • Loan sizes vary from 50 million to 500 million rupiahs (around 420,000-4,200,000 yen)
  • Lenders are promised a return of up to 18% per year
  • Lenders invest at least 1 million rupiahs (around 8,000 yen)
  • Loan tenures are 3, 6 or 12 months
  • Borrowers must be businesses led by an Indonesian national who has a bachelor degree, and the business itself must have a yearly turnover of 20 million rupiahs (around 170,000 yen) or more

この会社のサービスの特徴は何なのかといいますと、

  • 中小企業に対する無担保ローンを提供している
  • 金利が年利15~20%
  • ローンの規模は5000万~5億ルピア(約42万~420万円)
  • 貸し手に対して最大年利18%のリターンは約束されている
  • 貸し手は100万ルピア(約8000円)から投資できる
  • ローンの期間は3ヵ月、6ヵ月、1年
  • 借り手はインドネシア人の国籍・永住権の持ち主、大卒でなければいけない、会社の年商が2000万ルピア(約17万円)以上でなければいけない

There may be some people who feel that the “low” amount of 8000 yen makes it easy for Indonesians to invest in Modalku’s loans. Considering that the GDP per capita of Indonesia in 2014 was 1865 USD (around 220,000 yen), it is fair to say that investing in social lending projects is not yet an option for most Indonesians.

8000円から投資できるというと、日本人としては「投資のハードル低いねー!」と思う人がいるかもしれません。でも、2014年の一人当たりのGDPが1865米ドル(約22万円)だったのを考えると、本当に誰でも投資できるようになってくるまでは時間が必要なのではないでしょうか。

According to Modalku’s chief of operations Mr. Iwan Kurniawan, one of Modalku’s roles is to fill a gap in Indonesia’s financial industry. It appears that even in Indonesia, just like in Japan, lack of access to capital is hampering the growth of SMEs in Indonesia and the Indonesian economy.

Modalkuの最高執行責任者であるクルニアワンさんによると、Modalkuの役割の一つは現地の金融業界における隙間を埋めることです。日本と同じように、インドネシアでも資金のミスマッチが、中小企業とインドネシア経済の成長の妨げとなっているようです。

As the Indonesian middle class becomes wealthier and wealthier, there will surely appear more and more SMEs (particularly IT startups) which will have a hard time getting financing from banks. More and more entrepreneurs with dreams and solid business plans will appear going forward as part of this trend. Not only that, companies like Modalku which support these entrepreneurs will certainly increase and gain even more attention in Indonesia.

インドネシアの中間層の富裕化に伴って、銀行に相手にしてもらえる規模ではない企業(特にIT系のベンチャー企業)が増えるのではないかと思います。夢としっかりとした事業計画を持っている企業家を支援するModalkuのような企業も、今後も増えるだけでなく、インドネシアでこれまで以上に注目されていきそうです。

Modalku’s homepage only appears to be in Indonesian, but here is a link to their homepage (https://modalku.co.id/)

ModalkuのHPはインドネシア語になっているのですが、参考までに貼っておきます(https://modalku.co.id/

Thank you for reading this blog entry about Modalku, an Indonesian social lending company.

以上、インドネシアのソーシャルレンディングの会社のご紹介でした。

Welcome! 初めまして!

Greetings everyone!
みなさん、こんにちは!

My name is Mattias. I just started this blog a few days ago.
カーネルと言います(マティアスが下の名前ですが、一般的には日本では本名のカーネルで呼ばれています)

A brief overview of who I am…

  • 25-year-old Australian/Swede living in Japan;
  • Started working at maneo, Japan’s largest social lending company in October 2015 as their first-ever freshman (https://www.maneo.jp/apl/contents/crowdfunding/eng);
  • Studied Japanese since 1999;
  • Studying to earn the qualification of US Certified Public Accountant (from today!);
  • Interests: Exercise, cooking, motorbikes, documentaries.

箇条書きで自己紹介をさせていただきます。

  • 日本在住の25歳のオーストラリア人とスウェーデン人の混血
  • 日本最大大手のソーシャルレンディング企業であるmaneoという会社で、初めての新卒として2015年10月から仕事をしています(https://www.maneo.jp//
  • 1999年から日本語を学習しています
  • 今日から米国公認会計士の勉強を始めます!
  • 趣味:運動、料理、バイク、ドキュメンタリー鑑賞

With this blog I would like to provide interesting information about the following topics:

  • Trends and news in the crowdfunding/fintech industry from around the world;
  • Social lending in Japan;
  • My growth as an investor.

このブログで次のテーマについて書いていこうと思っています。

  • 世界のフィンテック(FinTech)とクラウドファンディング業界における傾向とニュース
  • 日本におけるソーシャルレンディングと海外から見たその利点
  • 投資家としての自分の成長

As I write more and more articles, I will surely end up writing about other topics in addition to these three topics.
ブログを書いていく中で、上記テーマに加えて他のテーマについて書くかもしれません。お楽しみください!

I will write articles which would be of interest to Japanese readers in both Japanese and English. There is so much information on the internet about the global fintech industry which is in English, but which is not easily accessible to many Japanese. I want to provide Japanese readers both with interesting information but also with an opportunity to practise their English reading skills.
日本人の購読者にとって面白そうな記事を投稿する時は日本語と英語で書きます。世界のFinTech業界についてはネットで情報がたくさんありますが、その大半が英語なのでわかりにくいケースがあるのではないかと思うからです。日本人の購読者には、面白い情報を提供しながら英語を読む練習の機会も併せて提供したいと思っています。

I am looking forward to getting to know you all and to provide interesting content.
どうぞよろしくお願いいたします!

Mattias